芸能

人気局アナ「No.1アイドル争奪」下剋上バトル勃発(2)日テレ・市來玲奈と岩田絵里奈に不仲説?

 いよいよ「ツートップ時代」からの脱却が見えてきたNHK。民放を差し置き、「女子アナ帝国」として君臨するが、清楚系から豊満バストまで、様々なタイプを取りそろえる布陣はいまだ鉄壁と言えよう。そうした中、次期エース候補として、複数の実力派美女アナの名前が取り沙汰されている。

「まずNHK関係者が口をそろえるのは林田理沙アナ(32)です。アナウンス技術・親しみやすさ・安定感のどれを取ってもトップクラス。現在はローカルの『首都圏ネットワーク』担当ですが『ニュース7』への起用を推す声が高まっています。『サタデースポーツ』で視聴者人気の高い副島萌生アナ(30)と並び『次期エースに最も近いアナ』でしょう」(NHK職員)

 ところがこれを猛追するどころか、一気に「2段階昇進」を果たす逸材が出現した。かのNHK会長も絶賛する「癒やし系アナ」がその人だ。

赤木野々花アナ(31)ですよ。昨年末の『まもなく紅白!今年もすごいぞスペシャル』では、司会として存在感を発揮したほか、1月8日放送の『おやすみ日本眠いいね!』ではパジャマ姿を披露。スタッフ間でも『公共放送最強の癒やし系アナ』として大好評なんです。さらには、NHKの前田晃伸会長も彼女にゾッコン。『コロナで世の中がギスギスしている今こそ、彼女の出番だ』と語っています」(NHK幹部)

 ツートップが抜けても「センター」を狙えるスターは目白押しのようだ。

「不動のエース」水ト麻美アナ(34)がリードする日本テレビも例外ではなかった。テレビ関係者によれば、

「長年、フル回転の活躍だった水卜アナも今年で35歳。社内的にもあまり無理をさせられない年齢となり、局内では後継者選びが急務とされているんです」

 こうした中、ポスト水卜の最右翼と目されているのが、18年入社組の岩田絵里奈アナ(26)。ところがここにきて、同期の市來玲奈アナ(25)の評価がうなぎ登りに。

「岩田アナは水卜アナから『スッキリ』を引き継ぎ、期待以上のMCぶり。好感度では局内でもトップクラスです。市來アナは元・乃木坂46の肩書を持つアイドル出身だけあって、持っているオーラが桁違い。日テレの社屋周辺で熱烈なファンから朝から晩まで『出待ち』されているアナウンサーは彼女だけです。間違いなく次のエースは2人のうちどちらかでしょうね」(テレビ関係者)

 頂上決戦が近づく両アナだが、周辺は緊張感に包まれていた。証言するのは日本テレビの関係者だ。

「入社時から仲のよさで知られていたのですが、近頃、スタッフの間で『作り笑いで会話している』『2人とも目が笑ってない』とピリピリムードを指摘する声が相次いでいるんですよ。1月9日放送の『笑点』に水卜アナらとともにゲスト出演したのですが、この収録の合間に『市來アナが岩田アナに十数秒もの間、ガンを飛ばしていた』ことを複数の現場スタッフが目撃している。ほかにも別の現場で『話しかける市來アナを岩田アナが無視していた』など、不仲説を喧伝する証言が飛び出しています」

 その結果、当事者自らが火消しに動くことに。

「先日、不仲が囁かれていることを悟った市來アナが『私たち全然仲悪くないですからね』『変な噂やめてください』と、慌てた様子で否定していました。それでも疑惑は払拭しきれていませんが‥‥」(日テレ関係者)

 火種はくすぶるばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
5
オリックスで塩漬けのT-岡田を阪神・岡田彰布が「選手兼任コーチ」で引き取るって!?