政治

「プーチンは偏執症」「ロシアをドブに突き落とす」身内がコキ下ろした独裁者の「末路」

「プーチンとその取り巻きは戦後、法廷で裁かれる運命だ。自分たちを正当化したり、敗戦後に逃げたりすることはできないだろう」

 これはロシア政府系のニュースサイト「Lenta.ru」に掲載された、所属ジャーナリスト2人による記事の一部である。

 こうしたプーチン批判の記事は合計30本余りに及んでおり、

「政府系のジャーナリストが、ついに反プーチンの具体的な動きを見せたことに、海外からは称賛の声が上がっています。ロシア議会では今年3月に、ウクライナ侵攻に関する『ニセ情報』を広めたとみなされた場合は最大15年の禁固刑や罰金刑を科す、という法案が成立しました。ジャーナリスト2人は政治亡命するつもりでいるようです」(国際ジャーナリスト)

 この勇気あるジャーナリストは他にも、

「プーチンは偏執症の独裁者。彼は去らねばならない。無意味な戦争を始め、ロシアをドブに突き落とすつもりだ」

 などと書き、読者に対しても、

「恐れるな、沈黙するな。抵抗せよ。あなたは1人ではない。ウクライナに平和を」

 と呼び掛けた。

 先の国際ジャーナリストが言う。

「プーチン独裁政権は徹底した情報統制を行い、国民をプロパガンダに染めてきました。いまだ戦争の実態を知らず、ロシアは素晴らしいことをしていると洗脳されている国民は大多数に及んでいます。当然ながら今回の反プーチン記事も、ロシア政府によって即座に削除されました。が、今後こうした『身内』からの暴露、発信が再び行われ、国民の目に触れるようになれば、ようやくロシア国民は真実を知ることになるかもしれない。そこでプーチン政権撲滅のうねりが生まれるかどうかです」

カテゴリー: 政治   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故