芸能

テリー伊藤対談「AKB48・峯岸みなみ」(2)研究生に降格後何が変わった?

テリー 今年のセンターは、どうなるんだろうな。指原(莉乃)が2年連続で獲ったらすごいよな。

峯岸 連覇したメンバーって、誰もいないんです。今までの1位ってあっちゃん(前田敦子)、(大島)優子、あっちゃん、優子、そしてさっしー(指原)なんです。

テリー そうか。2連覇したらすごいことになるな。

峯岸 そうですね。私は実は今回は、まゆゆ(渡辺麻友)に1位になってもらいたい、という気持ちもあるんです。

テリー どうして?

峯岸 いちばんちゃんと「アイドル」だと思うからです。総選挙でまゆゆが1位になって、また新たな1ページというか、歴史が変わる瞬間というのを見てみたいなと思っています。

テリー 去年、指原になった時はどう思った?

峯岸 びっくりしました。絶対に優子だと思っていたので。「やったなあ」と思いました。

テリー 「やったなあ」というのは、どんな意味で?

峯岸 「指原、よかったね」という意味もありますし、「やってくれたな」というのもありますし、いろんな意味で(笑)。

テリー AKB48の価値観も変わったよな。あれがまゆゆとかぱるる(島崎遥香)だったら「世代交代」っていう感じがするけど、世代交代とはまた違う感じだったね。

峯岸 そうですね。世代というよりは「ジャンル」ですね。

テリー そうそう。「バラエティ」感が加わったというかね。

峯岸 さっしーは、性格がすごく柔軟なんですよ。

テリー あいつは、本当にいい意味での「鈍感力」があるよな。“指原センター”の存在が、日本のアイドルの価値観を変えたとも思うよ。例えば昔のアイドルでいうと山口百恵さんとか、あまり街にいないような感じもあったよね。

峯岸 「手が届かない」感じのアイドルの存在も、とっても強いと思うんです。AKB48は、素が見えるからこそ、いわゆるアイドル好きの方だけではなく、主婦の方や、いろんな世代の方がファンとしてついてくださるのかなと思います。

テリー 去年の初めに研究生に降格してから、峯岸はどんなふうに変わったと思う? もう、1年ちょっとたつわけだよね。

峯岸 やっぱり、完全には立ち直れないような状態で生活をしていました。去年の春も桜を見ましたが、まだウィッグをかぶっていましたし、夏に選抜メンバーが海外でミュージックビデオの撮影をしている時も家にいて、今まで自分が経験してきた、AKB48としての当たり前の流れに参加できませんでしたし。他に参加できた時も、やっぱりどこか暗い気持ちを抱えていたり。

テリー うんうん。

峯岸 だけど今年は、こんなに明るい気持ちで桜を見られたなぁとか、みんなと一緒に撮影に参加できたんだなぁとか、一つ一つのことが、すごく大きい幸せだと感じられるようになりました。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
5
美女雀士・岡田紗佳の「激震しすぎる放送事故」で画面が緊急チェンジ!【2024年6月BEST】