芸能

NHK版「犬神家の一族」に放送前から危険信号が点滅するのは「美女もラブシーンも出てこない」から

 4月22日、29日の2週にわたり放映されるNHK版「犬神家の一族」。4月4日に特番が放映されたものの、1976年当時15億5000万円の配給収入をあげた話題作のリバイバルとしては、どうも盛り上がりに欠けるのだ。いったいなぜか。

「華がないんです。NHK版は金田一耕助役に吉岡秀隆、大竹しのぶ、倍賞美津子などベテラン演技派俳優を集め、映画を超えるクオリティーが期待されているものの、美女がひとりも出てこない。角川版では犬神左兵衛の遺産をめぐる相続争いに巻き込まれ、犬神家の男達に狙われる野々宮珠世役を島田陽子、雪の中で胸もあらわに3人の娘から折檻される青沼菊乃役を佳那晃子(撮影当時の芸名は大関優子)、金田一耕助が泊まる旅館の女中役をまだ可憐さが残る坂口良子が演じ、おどろおどろしい連続殺人事件の清涼剤になっていました。佐清の白いマスクと湖から突き出た足のシーンだけでも恐ろしいのに、大竹や倍賞の快演が不気味さを増します」(テレビ関係者)

 ちなみにNHK版で野々宮珠代を演じるのは「ポケットモンスター スカーレット・バイオレット」のテレビCMでお馴染みの若手演技派女優、古川琴音だ。テレビ関係者が続ける。

「この『犬神家』と同じように、映画やフジテレビのドラマで放映されたNHK版『大奥』は、原作の登場人物に忠実な女優たちの競演と、倉科カナや仲里依紗による体当たりのラブシーンが好評でした。NHK版『犬神家』で、バストを剥き出しにした折檻シーンや、同じように一瞬だけバストトップが見える島田陽子が襲われるシーンのようなもの、男性同士の絡みがあるのか。視聴率を取れるかどうかは、まだ発表されていない出演者と、横溝正史作品に不可欠なラブシーン次第でしょう。まぁ、でもNHKですから…」

 監督、演出は「鎌倉殿の13人」の吉田照幸、脚本はアニメ版「進撃の巨人」と実写版「岸辺露伴は動かない」の小林靖子。あとは妖艶な美女のピースが揃えば、パズルは完成するのだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱