政治

「外貨稼ぎのヤミ拠点」が次々と閉鎖に追い込まれた北朝鮮「金正恩の困窮ぶり」

 金正恩総書記率いる北朝鮮が、在外公館を相次いで閉鎖し始めている。

 事態が表面化したのはつい最近のことで、10月中旬に「香港総領事館」の閉鎖が明るみに出たのに続き、10月末にはアフリカの「ウガンダ大使館」と「アンゴラ大使館」、さらにはヨーロッパの「スペイン大使館」の閉鎖も明らかになった。

 一連の閉鎖で各国、各地域に53カ所あった北朝鮮の在外公館は、49カ所へと減少。北朝鮮の内情に詳しい各国、各地域の外交筋などの情報を総合すると、今後さらに閉鎖される在外公館は、少なくとも十数カ所に上るとみられている。

 ここへ来て、北朝鮮が在外公館の相次ぐ閉鎖に乗り出したのはなぜなのか。北朝鮮外務省は「変化する国際環境と外交政策により撤収と新設を進めている」と説明しているが、裏側には「新設」どころではない「のっぴきならない台所事情」が存在していた。

 金正恩総書記の動静や北朝鮮の内政事情に詳しい国際ジャーナリストが明かす。

「最大の理由は『カネがないから』です。加えて北朝鮮は今、『苦難の行軍』と呼ばれた1990年代の食糧危機さながらの窮乏状態にある。要するに、カネもなければ食い物もない。これでは在外公館の維持などできるわけがありません」

 北朝鮮の在外公館は外貨稼ぎの闇拠点になっていたが、それが西側諸国の圧力によって困難になったという側面もある。国際ジャーナリストが続ける。

「北朝鮮の外交官は外交特権をフル活用し、違法な密輸や武器輸出などで外貨を稼いでは、本国にいる金正恩への送金を続けてきた。ところが核実験や弾道ミサイル発射などに対する国連安保理の制裁によって、もはや闇の外貨稼ぎを続けることができなくなってしまった。まさに『泣きっ面に蜂』の窮状と言っていいでしょう」

 金正恩王朝はもはや「国家のテイ」すら維持できない窮地に追い込まれているのだ。

(石森巌)

カテゴリー: 政治   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱
3
中国が日本国内に設置「秘密警察拠点」の幹部女性を雇用した自民党参院議員の激ヤバ度
4
さいたま市民が埼玉高速鉄道の「延伸」を熱望するのは「大宮駅で乗り換え」がダメダメすぎるから
5
山田邦子「松ちゃんの性格はわかってるんで」/テリー伊藤対談(2)