スポーツ

蝶野正洋「やっぱり興行のプロモートをやっていきたい」/テリー伊藤対談(4)

テリー プロレスラーの人って、プロレスでいろんな目に遭ってるから、引退後もたくましいですよね。

蝶野 ちょっとした材料でも、それを商売につなげていくしたたかさはありますよね。基本的に自分はリングの中でのスタイルしか習ってないんですけど、猪木さんとか大仁田(厚)さんとか、トラブルも起こしますけど、やっぱりすごいですから。あれがレスラーなんだと思いますね。

テリー 大仁田さんなんか7回も引退してるからね。

蝶野 大仁田さんは何かあったら、何でもからんできますから(笑)。で、「そこから派生したものがプロレスなんだ」と。それで「電流爆破デスマッチやれ」とかムチャ言ってくるんですよ。

テリー やっかいでしたか。

蝶野 できれば試合はやりたくなかったですね(笑)。

テリー でも、そこが大仁田さんの演出力の高さというか。蝶野さんも本の中で「引退後は自己プロデュース力が大事だ」と書いてますよね。

蝶野 そうですね。肩書がなくなっても自己プロデュースができれば生き残っていけますよね。

テリー 蝶野さんもタレント業はもちろん、アパレルとかボランティアとか、ほんとに幅広く活動されてますよね。

蝶野 ありがたいですね。アパレルの方は家内の才能がなければ始められなかったし、40代の後半で体力の衰えを感じるようになった時には、新日本プロレスも退団しましたし。とにかく何か社会貢献的なことを、ちょっとやっていかなきゃいけないだろうっていうのがあったんですよ。それで2010年だったかな。東京消防庁で普通救命講習を受けて、AEDの普及や啓発活動になっていくっていう流れですね。

テリー 偉いなぁ。あの頃、蝶野さんのTシャツってみんな着てましたよね。俺も着てたもんな。

蝶野 あ、ほんとですか。ありがとうございます。あの頃アメリカだと、例えばロード・ウォーリアーズがパンツをプロデュースしたり、そういうレスラーはいましたけど、日本では俺が割と早い方だったと思いますね。

テリー 今着てる服もそうですか。

蝶野 そうです。

テリー どこで売ってるの?

蝶野 今はネットですね。だから、60歳でしぼんでいくというより、また新しいビジネスをやるぐらいの気持ちでいますね。

テリー 例えば、どんなことを考えてるんですか。

蝶野 やっぱり興行のプロモートをやっていきたいっていうのはありますし、最近は異業種の人たちとの交流もけっこう増えてきたので、そういう企業さんのコンサルタント業とまではいかないですけど、どう付き合って、どういうふうに関わっていけるかっていうことも考えたいですね。そのぐらい体調も戻ってきてるので。

テリー 本の中に政治家について触れてる部分もあるじゃないですか。社会貢献を通して「政治家になりたい」みたいな目標もできたりしたんですか。

蝶野 いやぁ‥‥。前に一度だけそういう話が来たことがあるんですけど、「朝、何時に起きるんですか?」って聞いたら、「8時です」って言われて、「多分、それ無理です」って言ったんですよ(笑)。

テリー アハハ。そんなことないでしょう。蝶野さんなら知名度も抜群じゃないですか。

蝶野 でも、俺のプロレスの全盛期を知ってるのは40代以上で、それ以下はみんなビンタの蝶野ですから。

テリー ああ、ダウンタウンの。リクエストがあれば、ビンタするんですか。猪木さんの「闘魂注入」みたいに。

蝶野 いや、しないですね。「イヤだ」って言って全部断ってます。

テリーからひと言

 何より元気そうでよかったな。60歳なんてまだまだですから。これからもどんどん暴れてほしいね。

ゲスト:蝶野正洋(ちょうの・まさひろ)1963年、米シアトル生まれ。1984年、「新日本プロレス」入門。海外遠征を経て、1989年に帰国以降は武藤敬司、橋本真也と「闘魂三銃士」として活躍、数々の名勝負から「黒のカリスマ」と呼ばれる。1996年、「nWo JAPAN」を結成し、一大ムーブメントを巻き起こした。2010年からフリーランスとして活動。以降はAED救命救急、地域防災の啓発、東日本大震災の復興支援など様々な社会貢献活動を行う。最新著書「『肩書がなくなった自分』をどう生きるか」(春陽堂書店)発売中。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え