女子アナ

「怒り新党」で“庶務”を全うのテレ朝・青山愛アナに向けられたねぎらいの声

 3月29日放送の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)で、“総裁秘書”だった夏目三久の後を継いで“庶務”として番組を切り盛りしてきた青山愛アナが涙をこぼした。

 最終回となったこの放送で、マツコ・デラックスはこれまで意見が噛み合わず、何度も罵倒してきた青山アナに対して「あんまりこういうこと言いたくないけど、私はあなたを好きでしたよ、本当に」とコメント。青山アナは「光栄でした。ありがとうございました」と涙したのだ。

「青山アナが夏目の後を継いだのは昨年4月13日放送の回から。これまで、主に報道・スポーツ系の番組ばかりに出演していましたから、当初は青山アナの後任を不安視する声がありました。しかし、2人に対する歯に衣着せぬ物言いや、過去の恋愛遍歴を語る姿勢に、徐々に好意的に見られるようになっていきました。ネット上でも『イエスマンじゃないところがよかった』『この番組で好きになったな』『キャラを確立できてよかったんじゃないかな』などねぎらいの言葉が多数。この1年、しっかり2人に揉まれましたからね。今後、どんなバラエティに出ても対応できるのではないでしょうか」(芸能ライター)

 有吉弘行とマツコの後継番組に、青山アナが出ないことを残念がる声もあり、それだけ印象深い“庶務ぶり”だったようだ。

 青山アナの別番組での活躍、そして後継番組で2人を相手にする久保田直子アナの奮闘ぶりに期待だ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故