芸能

白黒つけたい紅白裏合戦(1) ヤクザ歌手を外すのは来年

 ついに55組の出場歌手が発表された。激動の1年を締めくくるイベントの全貌が見え始めたが、今年は例年よりも顔ぶれに注目が集まっていただけに、さまざまな意見が乱れ飛ぶ結果となっている。NHKは「人との絆を真っ正面から伝える実力のある出演者」と胸を張ったが、どうにも裏がありそうだ。案の定‥‥。
 出場歌手が発表される前は紅白がガラリと変わることも予想されていたが、蓋を開けて見れば、常連組はいつもと大差ない顔ぶれだった。しかし、これは嵐の前の静けさだというのだ。

「東京で暴排条例が施行された10月1日前後だったか、多くの歌手を抱える芸能プロのマネジャーが『今年はいつもと違って反応がないんですよ』と焦っていた。例年であれば、紅白の関係者に接触すれば出場可否の感触が探れたのに、今年は情報が漏れてこないばかりか、ただならぬ雰囲気が漂っていたというんです」(芸能記者)
 出場発表を待つ身は戦々恐々だった。特に暴力団との関係を指摘されることが多い演歌勢はピリピリしていたようだ。疑わしきで罰せられてはたまらない。
「何人もの歌手が、親分的存在の北島三郎(75)に『何とかNHKに言ってください』と懇願しに行ったといいます。北島自身も演歌界の危機ととらえ、NHKサイドに『本人がないと言っているんだからないんだよ』と説得したそうです。一方で若手らには『(暴力団から)コンタクトがあってもだめだ』と戒めたといいます」(芸能プロ関係者)
 NHKも、
「暴力団排除条例の施行を受けてNHKも指針を出しましたが、このことを理由に出演を見合わせる方はいませんでした」
と公表している。
 とはいえ、NHKが行った調査というのは、「暴力団と関係ないですね?」と口頭で確認する程度だったというのである。
 そんな弱腰対応ではナメられるばかりだろう。
「出場が決まった歌手で、過去に暴力団との親交がささやかれた一人は、NHKの聞き取りに堂々と『過去に男としてほれ、たいへんお世話になった方がいます。しかし、暴力団員とは知りませんでした。そして今はつきあっておりません』と答えたそうです。捜査機関でもないし、過去のことまでは問えませんよ」(前出・芸能プロ関係者)
 一方、NHKのこうした甘い姿勢について、今年限りではないか、という向きも捨てきれない。
 NHK関係者が言う。
「発表直前まで、とある大物演歌歌手を落選させるかで一悶着あったと聞いています。結局、出場する運びとなりましたが、今年は震災の復興が事実上のテーマでもあり、被災地復興に尽力した演歌勢の力は外せなかったという事情が一つにはある。それに‥‥」
 一呼吸置いて続けた。
「これだけ注目される中、もし常連が今年、急に落選となれば当然、暴力団との関係を疑われるでしょう。下手すれば廃業の危機で、確固たる証拠もなければ、訴えられる可能性だってあります。今年はグレーゾーンの見極めは回避し、実際に動くのはほとぼりが冷める来年ですよ」
 もし“ヤクザ歌手”が紛れているとすれば、今年が最後の出場となるのか。

カテゴリー: 芸能   タグ:   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
西野カナの休養宣言で芸能界に広がっている「意外な風評被害」とは!?
2
中居正広、2番組打ち切り報道で急浮上した「ポスト中居の意外ジャニタレ」
3
松本人志・三又又三「絶縁騒動」に続きあの“電撃”芸人にも金銭トラブルが
4
藤原紀香、広末涼子…今年前半は芸能人夫婦の“改元離婚”ラッシュが起きる?
5
「ゴチ」に千鳥ノブ加入で「これでアノ男はなおさらいらない」の声続々!