スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「臨戦態勢万全ダンスディレクターが勝つ」

 フェブラリーSに続くGI第2弾は、高松宮記念。とにかく豪華な顔ぶれだ。

 ロードカナロアやモーリスといった“絶対王者”はいないものの、次代を担う候補が多く、目下、群雄割拠の様相を呈している。それが一堂に集うのだから、激しくも見応え満点の競馬になること請け合いだ。

 加えて、香港からの刺客ブリザードの参戦もある。昨秋のスプリンターズSでは見せ場たっぷりに差のない5着。この馬も当然、争覇圏内で、馬券的にはおもしろく、かつ難解な一戦と言っていいだろう。

 人気は、どうだろう。ここを照準に調子を上げてきた昨年の覇者セイウンコウセイ、前哨戦の阪急杯を勝ったダイアナヘイロー、同じくオーシャンS勝ちのキングハートの名がまずあげられるが、出走各馬の能力は高いレベルで接近、拮抗しており、前記したとおり、なんとも難しい一戦だ。

 では、データをひもといてみよう。

 馬単が導入された03年以降、これまでの15年間、その馬単で万馬券になったのは4回(馬連2回)。1番人気馬は4勝(2着2回)、2番人気馬は2勝(2着5回)。大きく荒れることはないものの、だからといって人気どおりに決まりがたく、いわば中穴傾向の重賞と言っていいだろうか。

 あと、特徴としては、出走頭数が少ないわりに牝馬が善戦しており、前記したダイアナヘイロー、ソルヴェイグ(除外対象)、リエノテソーロ、レッツゴードンキ、レーヌミノルらの動向には注意を怠れない。

 さらに充実期にある5歳馬が圧倒的とも言えるほど活躍している。続いて6歳馬、4歳馬という順だが、過去15年間で7歳馬が2勝、8歳馬も1勝している。峠を越えたからといっても、調子がよければ古馬から目を離すわけにはいかないのだ。

 ということで、あらためて顔ぶれを見てみると、意外にも“最強”と見られる5歳勢で“これは”と強調していい馬が少ない。

 ここを目標に完璧とも思える状態に仕上がっているのは、昨年の覇者セイウンコウセイだが、なるほど、暖かくなって調子を上げるタイプで、そうであれば2連覇も夢ではない。この馬を中心視するのが馬券の筋と言っていいだろう。

 しかし、穴党としては簡単にうなずくわけにはいかない。7、8歳馬でも勝ち鞍をあげているのであれば、まさに満を持して挑戦してきたダンスディレクターを主力に据えてみたい。

 癇性が強く、つまり気性が勝っている馬で、状態がイマイチでも勝ち負けしてしまうところがある。そうした気性ゆえ、大事に使われてきたので肉体的な衰えは小さい。

 前走は昨年暮れの阪神C。イスラボニータとの接戦に敗れたが、ハナ差の惜敗。陣営は無理をせず、その時点で冬休みを取った。

 そのかいあって、きっちりとリフレッシュ。すぐにここを目標に置いて仕上げてきただけに、まず、臨戦態勢は万全と言っていい。

 先々週、先週と追い切りの動きは軽快、かつリズミカル。仕上がり状態に関しては文句なし。完璧と言っていい状態にある。

「肉体的にはきわめて若く、年齢を感じさせない。8歳馬と思ってもらっては困ります」

 こう言って状態のよさを強調するのは笹田調教師だが、そうであれば、大きく狙っていいのではないか。

 とにかく芝の1200メートルはベスト。中京は勝ち鞍がないものの、3度走って【3】【2】【2】着。いずれも僅差で、加えて鉄砲駆けの利くタイプ。走れる条件がそろっていると言っていい。

 近親、一族にウイニングチケット(ダービー)ほか活躍馬が多くいる血筋。良馬場条件に頭から狙ってみたい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
3
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
4
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪
5
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ