スポーツ

中日・松坂大輔に「中継ぎより代打のほうが効果的」のマジな指摘!

 さすが、中日・森繁和監督に冗談で「打撃で採ったんだ」と言わせるだけのことはある。

 3月14日、中日の松坂大輔が古巣・西武とのオープン戦に登板。初の本拠地での投球となったが、3回3安打2失点と振るわず、何より“2死球3四球”と制球が定まらなかった点で課題を残した。

「西武・辻発彦監督の粋な計らいで、松坂の西武時代のチームメイトで、メジャー帰りの松井稼頭央を“1番レフト”で起用し、いきなり対決という見せ場を作りました。結果は、松坂がライトフライに打ち取ったのですが、続く源田壮亮にはヒットを打たれ、秋山翔吾に四球を与え、メヒアはキャッチャーフライに打ち取ったものの、浅村栄斗にタイムリーを浴び、立ち上がりで失点してしまいました。制球の乱れもあり、3回で76球も投げ、逆に言えば、それだけの球数を投げられることは証明しましたが、『やはり先発は厳しい』のかと思わせる内容でした」(スポーツライター)

 翌15日、同じく本拠地ナゴヤドームで行われた全体練習に参加。フリー打撃で“初本塁打”をマークした松坂。

「打球は左中間のフェンスを覆う黒い布に直撃、グラウンドに戻ってきましたが、推定120メートルの野手並のホームラン。51スイング中、安打性は21本と、まずまずですが、相手チームの立場で考えた場合、中継ぎで出てきた場合と、代打で出てきた場合、プレッシャーを感じるのは“代打”のほうだという声も聞こえてきています」(前出・スポーツライター)

 開幕まで2週間を切って、期待が高まるプロ野球。森繁和監督の“采配”にも注目したい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”