芸能

俺たちがシビれた「刑事ドラマ」50年の勲章<徹底討論>最強の「女デカ」は?

 その美貌、アクション‥‥。時に主役刑事より視聴者の胸に刻まれる美しき女刑事たちの記憶。映画評論家・秋本鉄次氏、映画監督・杉作J太郎氏、ライター・藤木TDC氏という3人の通が、“我が青春の女デカ”を推しまくる。

秋本 70年代の女刑事は、マスコット的な存在でしたよね。「太陽にほえろ!」(72~86年、日本テレビ系)の関根恵子がそうでした。

藤木 最初はお茶くみ要員で、最後のほうでようやく警察業務に関わるようになって。松田優作演じるジーパンと恋仲になったのは、がっかりしたなあ。彼女は「おさな妻」や「高校生ブルース」など大映の映画で脱いだ過去がある。その世代の男にとっては“エロの人”であったけど、「太陽──」では清純派女優として生まれ変わり、新たなファンを獲得していました。

杉作 でもやはり、女刑事はかわいいだけでは務まりません。人質要員や、捜査の足手まといでは困ります。男と対等、それ以上に強くないと。そういう意味では、「Gメン’75」(75~82年、TBS系)の夏木マリ江波杏子は頼りになる刑事だった。夏木さんには一度お会いしたことがありますが、男より男らしかったです。

藤木 ドレッシーな服を着てアクションをキメて、かっこよかったですよね。

杉作 アクションといえば「燃える捜査網」(75~76年、テレビ朝日系)の志穂美悦子ですよ! 婦警さんの格好をして、ほっぺが赤くて、佐藤蛾次郎とコンビだからよりいっそうかわいらしく見えました。本格アクションをこなしつつ、アイドルらしいかわいらしさがたまらなかった。

 清廉潔白なかわいさがハマっていたのが「華麗なる刑事」(77年、フジテレビ系)の檀ふみ。クセのある草刈正雄と田中邦衛コンビを厳しく叱りつける姿は、初々しくて可憐だった。

藤木 僕がいちばん好きなのは「大激闘マッドポリス’80」(80年、日テレ系)の堀川まゆみです。存在そのものがエロかった! 渡瀬恒彦や梅宮辰夫、志賀勝らコワモテ俳優の中に堀川がいると、絶対に“ナニか”があると思うじゃないですか。ある時、悪役に縛られて、ドキドキしながら見守っていると、それ以上はナニもなく。「次週こそ!」と期待が高まるも、結局、全編通してパンチラもしなかったけど。そうやって期待をさせるのが彼女の魅力でした。

杉作 僕も堀川、よかったです。マツダのスポーツカー・RX-7をテクニカルに乗り回して銃を撃つなんて、日本の刑事ドラマの女性では珍しいタイプ。その頃からですね、女刑事の業務がお茶くみや、交通取締りだけなのがナンセンスになってきたのは。

藤木 「あぶない刑事」(86~87年、日テレ系)の頃になると、男と同等に主張して活躍する。パンチラキックも、無意味に犯人に縛られることもなくなりました。

秋本 「あぶ刑事」の浅野温子は舘ひろしと柴田恭兵の間で茶々を入れたり、新人刑事の仲村トオルをからかったり、事件に関わって足手まといになったり、コミカルで元気に魅力的に動くムードメーカーでした。

藤木 それまでの“男性視聴者サービスの起用”とは一線を画しますよね。

秋本 そうですね。以降、女刑事が主役のドラマも主流になり、2時間ドラマにはけっこういいのがありますよ。特に「お礼は見てのお帰り ナニワのべっぴん刑事」(97~99年、フジ系)の鈴木京香はかっこいいです。男勝りにバリバリの大阪弁を張り上げて、ミニスカ姿で脚を蹴り上げる。魅力的ですね。

 最近のオススメは「刑事夫婦」(14~17年、TBS系)の鈴木砂羽。威勢がよい姉さん女房というキャラがドンピシャ。石黒賢演じる夫の尻を叩くのを見て、僕も叩かれたい、なんて(笑)。

杉作 そうそう、刑事以外にも見どころがあって、例えば主人公の妹役。女刑事のようなハードさを要求されない分、ただただかわいらしい。「大都会」(76年、日テレ系)では仁科亜季子が、「西部警察」(79~82年、テレ朝系)では古手川祐子が、むさくるしい男社会の華となる。渡哲也演じる兄貴の下着を交換するため警察署にやってきたり、毎回、楽しませてくれるんですよ!

── では「最強の女デカ」ですが、アサ芸的には堀川まゆみの色香ということで。

一同 異議なし!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヤリ投げ投法」で故障離脱のドジャース・山本由伸に「球団が契約破棄できるオプトアウト条項」あり
2
【天皇杯】大学生に惨敗したFC町田ゼルビア・黒田剛監督「試合後のブチまけ」悪態三昧に「お前が言うな!」
3
武豊ドウデュース1着固定は危ない!淀の「宝塚記念」に潜む「誰もが触れない」大きな罠
4
息子2人を殺したら実の孫娘に毒殺された戦国武将「粛清王」の末路
5
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」