スポーツ

田辺裕信×川田将雅 東西次世代エース騎手の裏素顔(3)減量が嫌いな田辺は54キロまで

 そんな2人は、厩舎に所属していた新人時代から変わり者だったという。馬主関係者が当時を振り返る。

「川田は04年に安田隆行厩舎からデビューし、わずか2年でフリーに転身。これはマレなことで、その理由がスタッフとの確執でした。彼は乗り運動は丁寧にこなすも、帰り際の掃き掃除などは『俺、騎手なんで』と拒否。『ムチしか持たんのか!』といらだつスタッフもいた。その一方で安田夫人に誕生日プレゼントを贈るなど、若いのに処世術にたけていて、周囲を驚かせていた」

 田辺は正反対で、02年に小西一男厩舎からデビューし、フリーに転身したのは16年の2月だった。

「フリーになったのは小西師の進言だった。田辺は腰痛持ちのため、心配した先生が『水曜と木曜の追い切りだけ乗ればいいから、他の日は休め。早くフリーになって体のケアに努めろ』と転身を勧めた。ですが、今でも毎日のように小西厩舎に現れてゲームをしていたり、まるで所属騎手みたいだけどね(笑)」(スポーツ紙デスク)

 腰痛のせいもあるのか、田辺はリーディング争いには興味を示さない。

「彼は14年から3年連続東西1位に輝いた戸崎について『どうやってモチベーションを保ったのかな。俺には無理。1日、6レースぐらいでいいよ』と笑っていました。それに減量も嫌いで基本リミットが54キロまでとなると、今は東の1位でも、最終的にリーディング争いは厳しい。引退した松田博資先生が彼のことを『指示をさっと理解して実践できる』とホメていただけに、もったいないですね」(前出・スポーツ紙デスク)

 川田もまた「勝利優先」を掲げ、騎乗馬をしぼり込むタイプだ。

「一発勝負タイプのデムーロ騎手にソックリ。エージェントも一緒だし、プライベートの過ごし方も似ている。人脈作りに余念のないデムーロ同様、川田も交遊関係を広げている。尊敬する武豊(49)や福永のように北海道の牧場やセールにも顔を出している。有名馬主の夫人と一緒の時なんて、ふだんとは別人のように愛想を振りまいてたよ(笑)」(ベテラン記者)

 最近は芸能人との交流も評判になっている。

「有名なのが俳優の小泉孝太郎だね。昨年、武豊に紹介されると、すぐに懐に入り込み、孝太郎がラジオ番組で『今時、珍しい好青年』とベタボメしていた。すでに2人でゴルフをする仲で、デサントのゴルフウェアを着て調教に現れるほど熱中している。ゴルフは人脈作りに役立つし、引退後の調教師転身を見据えてのことのようにも映るね」(馬主関係者)

 逆に実直タイプの田辺は、生涯一騎手を貫き通しそうである。

「ポスト横山典弘(50)という感じ。大胆で巧みな騎乗や家族中心の生活も似ている。年に数回、テレビ東京の鷲見玲奈アナを交えての会食に出席するぐらいで、派手さがない。まさにマイペースな職人タイプだね」(美浦トレセン関係者)

 今は“変人”と称される2人の戦いぶりと、今後の“変身”が楽しみだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性
4
「バス旅Z」最新回!?田中要次&羽田圭介“ロケ目撃情報”
5
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!