スポーツ

田辺裕信×川田将雅 東西次世代エース騎手の裏素顔(3)減量が嫌いな田辺は54キロまで

 そんな2人は、厩舎に所属していた新人時代から変わり者だったという。馬主関係者が当時を振り返る。

「川田は04年に安田隆行厩舎からデビューし、わずか2年でフリーに転身。これはマレなことで、その理由がスタッフとの確執でした。彼は乗り運動は丁寧にこなすも、帰り際の掃き掃除などは『俺、騎手なんで』と拒否。『ムチしか持たんのか!』といらだつスタッフもいた。その一方で安田夫人に誕生日プレゼントを贈るなど、若いのに処世術にたけていて、周囲を驚かせていた」

 田辺は正反対で、02年に小西一男厩舎からデビューし、フリーに転身したのは16年の2月だった。

「フリーになったのは小西師の進言だった。田辺は腰痛持ちのため、心配した先生が『水曜と木曜の追い切りだけ乗ればいいから、他の日は休め。早くフリーになって体のケアに努めろ』と転身を勧めた。ですが、今でも毎日のように小西厩舎に現れてゲームをしていたり、まるで所属騎手みたいだけどね(笑)」(スポーツ紙デスク)

 腰痛のせいもあるのか、田辺はリーディング争いには興味を示さない。

「彼は14年から3年連続東西1位に輝いた戸崎について『どうやってモチベーションを保ったのかな。俺には無理。1日、6レースぐらいでいいよ』と笑っていました。それに減量も嫌いで基本リミットが54キロまでとなると、今は東の1位でも、最終的にリーディング争いは厳しい。引退した松田博資先生が彼のことを『指示をさっと理解して実践できる』とホメていただけに、もったいないですね」(前出・スポーツ紙デスク)

 川田もまた「勝利優先」を掲げ、騎乗馬をしぼり込むタイプだ。

「一発勝負タイプのデムーロ騎手にソックリ。エージェントも一緒だし、プライベートの過ごし方も似ている。人脈作りに余念のないデムーロ同様、川田も交遊関係を広げている。尊敬する武豊(49)や福永のように北海道の牧場やセールにも顔を出している。有名馬主の夫人と一緒の時なんて、ふだんとは別人のように愛想を振りまいてたよ(笑)」(ベテラン記者)

 最近は芸能人との交流も評判になっている。

「有名なのが俳優の小泉孝太郎だね。昨年、武豊に紹介されると、すぐに懐に入り込み、孝太郎がラジオ番組で『今時、珍しい好青年』とベタボメしていた。すでに2人でゴルフをする仲で、デサントのゴルフウェアを着て調教に現れるほど熱中している。ゴルフは人脈作りに役立つし、引退後の調教師転身を見据えてのことのようにも映るね」(馬主関係者)

 逆に実直タイプの田辺は、生涯一騎手を貫き通しそうである。

「ポスト横山典弘(50)という感じ。大胆で巧みな騎乗や家族中心の生活も似ている。年に数回、テレビ東京の鷲見玲奈アナを交えての会食に出席するぐらいで、派手さがない。まさにマイペースな職人タイプだね」(美浦トレセン関係者)

 今は“変人”と称される2人の戦いぶりと、今後の“変身”が楽しみだ。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝
2
MLBオールスター出場〝今永昇太〟はデコピン以下!絶妙哲学コメントをバラエティがガン無視でファン憤慨
3
妻はロッテに大暴言!謝罪なしの楽天・辰巳涼介「神様は見てくれている」にファンが握りこぶし
4
楽天に蔓延する「田中将大は不要」電撃退団後にプライドを捨てて「テスト入団」を!
5
新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」