芸能

ビートたけしの名言集「取り憑かれたように“小説執筆”に励む殿」

 先日、殿の完全書き下ろし小説「ゴンちゃん、またね。」が、某週刊誌に特別掲載されました。去年の9月、純愛小説「アナログ」を発表してからの殿は、「これからは小説家として生きていく」「もうお前らに殿とは呼ばせない。文豪と呼べ!」等々、すっかりモードは「作家」であり、その言葉どおり、自宅へ帰ると、今もせっせと執筆活動に励んでいて、「ゴンちゃん、またね。」の他に、すでに書き上がっている新作が2冊ほどあると聞きます。そんな、何かに取り憑かれたように書きまくっている昨今の殿に、「殿は忙しい中、いったい、いつ書いてるんですか?」と、素朴な質問をあてると、

「そりゃー、あれだよ。夜な夜なヒロポンを打って、頭をギンギンにして寝ないで書いてんだよ!」

 と、“聞いたこっちがバカでした”と猛烈に後悔したくなることしきりのボケをまずはかますと、続けて、

「だから、あれだ。お前のアサ芸(殿は当連載のことを必ず「お前のアサ芸」といった言い方で表現します)に『殿は浅草時代に入手したヒロポンを今でも隠し持っていて、それを打って、ギンギンにトリップして書いてます!』って書いとけ!」

 と、実に殿らしい発言を放り込んできたのです。

 それにしても、テレビのレギュラーを6本、その他に、特番の収録や映画の台本作成等々、年間の休みが2週間ほどしかない、誰がどう見ても芸能界一多忙な殿が、この半年ほどで小説を3本書き上げた事実には“悪い薬に頼って書いている”といった冗談も、あながちでたらめではない気がいたします。が、そんなこちらの驚きなどどこ吹く風で、殿自身は実に無邪気に、

「だけどよ、これでホントに賞なんか取ったら、文豪コントができるな! そしたら思いっきりバカなコントをやってよ、『あいつに賞あげなきゃよかった』なんて思われたら勝ちだな!」

 と、それのどこが勝ちなのか、よくわからない持論を展開するのです。ただ、ヴェネツィア映画祭でのグランプリに、フランスからの度重なる勲章の授与と、今までにとんでもない賞をかっさらってきた殿ですから、失礼ながら、“国内の文学賞までももらい受ける運”を、持っているのでは? と、想像してしまいます。で、こういった“賞の話”の後に今、必ず出る話題が、ノーベル賞です。

「こうなったらノーベル賞もらってよ、立ち小便なんかして、はく奪されるのが一番いいな!」

 と、例によって、それのどこが一番いいのかよくわからない持論を展開したりします。

 最後に、かなり昔、やはり殿が小説を出した時、「俺を四谷の文豪と呼べ!」と、弟子に強制した時期があり、皆が言いつけどおりに、「四谷の文豪、時間です」「四谷の文豪、弁当です」等々と呼んでいると、

「なんかお前ら、バカにしてねーか。やっぱりやめだ!」

 と、瞬時に撤回した過去があったことを、ここに報告しておきます。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方