女子アナ

フジ山崎夕貴、新婚早々に全力“イジられまくり”の健気!

 お笑い芸人・おばたのお兄さんと結婚したフジテレビ・山崎夕貴アナが八面六臂の活躍を見せた。

 3月29日に婚姻届けを提出した山崎だが、翌日の30日はレギュラー番組だった「めざましテレビ」と「ノンストップ!」の“卒業の日”。

「『めざまし』では、みずから結婚のニュースをアナウンスし、金屏風の前で会見まで開きました。そして、数時間後の『ノンストップ!』では、司会のバナナマン・設楽統から『いくつか質問したいんですけど……この人(おばた)でいいんですか?』と、イジられていました」(テレビ誌ライター)

 さらに、結婚の決め手に関しては「付き合いたての頃って経済状況が不安定だったんですけど、彼も一生懸命お仕事を頑張って、経済力が安定してきたのが後押しになりました」と、リアルな実情を惜しげもなくぶっちゃけていたものだった。しかし、おばたのお兄さんが交際中の2017年5月に“不貞をはたらいた”ことも周知の事実。1年も経たないうちの“決断”に、ネット上では「また女遊びされるんじゃない?」「いつまでもつのか」「何か典型的なダメ男ばかりと付き合う女って感じ」と先行きを不安視する視聴者の声も少なくない。

「そして、新MCに就任した『とくダネ!』では、山崎アナへのドッキリで、おばたのVTRメッセージを放送され、『聞いてないんですけど!』と絶叫。ここぞとばかりにイジられまくっています。この“内輪ネタ”こそ、フジテレビの極みです」(前出・テレビ誌ライター)

 アナウンサーとはいえ、イチ会社員。会社にプライベートを捧げた山崎夕貴アナには、拍手を送りたい。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故