芸能

美女アナ「改編」で吹き荒れる「禁断ホンネ」(4)テレ朝・竹内由恵は「落ち着きたい」

 ネットテレビとはいえ、まさかの「報道番組MC」で復活を果たした彼女について、テレ朝社員が内情を明かす。

「17年4月から深夜バラエティー『バクモン学園』には出演していたのですが、スキャンダルのインパクトの大きさから、さすがに報道系の番組に出るのは無理と見られていたんです。だから局内では『田中アナの復帰に向けた地道な活動が実った』と見られている」

 地道な活動とは何か。

「上層部の人間を籠絡する“オヤジ殺し”の活動ですよ。田中アナから『悩みを聞いてください』と相談されると、役員連中はコロッといってしまう。実は彼女が『バクモン学園』に出る時でさえ『復帰が早すぎる』といった反発が局内にあったのですが、上層部判断で出演にゴーサインが出たほど。そうした意味で、今回のMC就任も、彼女本人にとっては計画どおり。これを足がかりに、『1年以内に地上波生番組へ復帰』というのが田中アナの思いだと言われています」(テレ朝社員)

 意気軒昂な田中アナとは対照的に、先輩の竹内由恵アナ(32)はこのところ、ちょっとお疲れ気味の様子。

「この春、彼女は『スーパーJチャンネル』のMCが4年目に突入しました。実は報道番組のプレッシャーから、これまで蓄積された疲労が大きく、本人は『こんなに長くやるとは思っていなかった』と親しい同僚にボヤいている。また『そろそろ落ち着きたい』と結婚願望も頻繁に口にするようになった。バスケット選手・田臥勇太(37)との交際も順調のようですし、今年あたり結婚する可能性は大いにあります」(テレ朝社員)

 竹内アナは長年、同局のエース女子アナとして活躍してきた。しかし最近、局内で彼女を巡る「真偽不明の不穏な噂」が広がっているというのだ。

「そのうち竹内アナが『ブラック労働を強いられている』としてテレビ朝日を告発するんじゃないか、というものです。入社してからまる10年、局が彼女に頼りっきりだったのは事実。告発はデマだとしても、本人は『ゆっくり休みたい』というのがホンネでしょう」(放送作家)

 テレビでは決してわからない、美女アナたちの禁断のホンネが漏れ聞こえてくる改編期なのであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
まるでコント?劇場版コード・ブルー「流血シーン」続出にドン引きの声も
3
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…
4
安室奈美恵が明かしたオフの過ごし方に「浜崎あゆみと大違い」と称賛の声!
5
関ジャニ∞・錦戸亮、「西郷どん」放送中に不貞&妊娠騒動でNHK追放の危機!