芸能

美女アナ「改編」で吹き荒れる「禁断ホンネ」(4)テレ朝・竹内由恵は「落ち着きたい」

 ネットテレビとはいえ、まさかの「報道番組MC」で復活を果たした彼女について、テレ朝社員が内情を明かす。

「17年4月から深夜バラエティー『バクモン学園』には出演していたのですが、スキャンダルのインパクトの大きさから、さすがに報道系の番組に出るのは無理と見られていたんです。だから局内では『田中アナの復帰に向けた地道な活動が実った』と見られている」

 地道な活動とは何か。

「上層部の人間を籠絡する“オヤジ殺し”の活動ですよ。田中アナから『悩みを聞いてください』と相談されると、役員連中はコロッといってしまう。実は彼女が『バクモン学園』に出る時でさえ『復帰が早すぎる』といった反発が局内にあったのですが、上層部判断で出演にゴーサインが出たほど。そうした意味で、今回のMC就任も、彼女本人にとっては計画どおり。これを足がかりに、『1年以内に地上波生番組へ復帰』というのが田中アナの思いだと言われています」(テレ朝社員)

 意気軒昂な田中アナとは対照的に、先輩の竹内由恵アナ(32)はこのところ、ちょっとお疲れ気味の様子。

「この春、彼女は『スーパーJチャンネル』のMCが4年目に突入しました。実は報道番組のプレッシャーから、これまで蓄積された疲労が大きく、本人は『こんなに長くやるとは思っていなかった』と親しい同僚にボヤいている。また『そろそろ落ち着きたい』と結婚願望も頻繁に口にするようになった。バスケット選手・田臥勇太(37)との交際も順調のようですし、今年あたり結婚する可能性は大いにあります」(テレ朝社員)

 竹内アナは長年、同局のエース女子アナとして活躍してきた。しかし最近、局内で彼女を巡る「真偽不明の不穏な噂」が広がっているというのだ。

「そのうち竹内アナが『ブラック労働を強いられている』としてテレビ朝日を告発するんじゃないか、というものです。入社してからまる10年、局が彼女に頼りっきりだったのは事実。告発はデマだとしても、本人は『ゆっくり休みたい』というのがホンネでしょう」(放送作家)

 テレビでは決してわからない、美女アナたちの禁断のホンネが漏れ聞こえてくる改編期なのであった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
3
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
「矢口真里の元ダンナ」中村昌也、目も当てられない惨状と次に選んだお相手!