スポーツ

阪神・金本監督「休日返上指令」のウラにあった“伝説の日”

 金本阪神が本拠地甲子園球場で宿敵・巨人に3連敗を喫した。これで、東京ドームでの開幕カードから数えて、「対巨人5連敗」。今年は“あの伝説の日”を無事に勝利して乗り切っていただけに、チーム関係者のショックも大きそうだ。

 伝説の日とは4月18日。1985年のこの日、3番バース、4番掛布、5番岡田によるバックスクリーン3連発の伝説が生まれたのだ。この年は、その勢いのまま、ペナントレースも優勝し、日本一にも輝いている。

「今の阪神は、当時、まだ生まれていない世代が主力になっています。でも、この時期になると必ずと言っていいほど、関西の各メディアが報じるので、この伝説の日を知らない選手はいません」(在阪記者)

 しかし、この日は伝説であると同時に、鬼門ともなっていた。過去10年の同日の勝率だが、試合の組まれていない年もあるものの、2勝しか挙げていない。優勝した2005年も負けている。

「金本(知憲)監督は『伝説の日』を意識していたようです。今年は星野仙一氏が亡くなり、故人の指揮官時代のエピソードや球団の過去の話なども報じられています。故人をまねて、メディアを介して選手を褒めたり、苦言を呈するなど今までにはない言動も見られていましたからね」(前出・在阪記者)

 見方を変えれば、この伝説でもあり鬼門である日に勝てば、金本阪神は勢いづくとも言える。だが、伝説超えでドッと疲れてしまったのか、本拠地3連敗を喫したのが次カードの巨人戦だった。

「巨人3連戦後の23日は、投手陣だけの軽めの練習を予定していたんですが、金本監督はあまりの不甲斐なさに激昂し、全員参加の猛練習に変更されました」(関係者)

 今年の伝説の日の勝因は、メッセンジャーの好投によるもの。「85年=バース、2018年=メッセ」と、助っ人頼みという状況を打破しなければ、新たな伝統は生まれそうにない。休日を猛練習に変更させたのは、85年に勝利した巨人。ヘンな巡り合わせである。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ぽっちゃり隠し?本田翼の衣装に騒然!「妊娠の憶測」まで飛び出す異常事態
2
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた
3
マギー、「バストのふくらみ丸わかり」ボディースーツ横胸ショットの“艶度”
4
北川景子、出産報告への祝福裏で指摘された「残酷な現実」とは?
5
清原和博を巡り起きていた西武黄金時代・ベンチ内の“ギクシャク”とは