政治

本性を全暴露「金正恩の愚かなる素顔」(5)「大親分」の力を借りようと…

 南北会談が成功裏に終わり、米朝首脳会談も6月12日開催が決定した。体制の存続と経済支援を条件に非核化を提言する金正恩委員長に対し、強硬姿勢から一転して融和ムードを演出するトランプ大統領。しかしその水面下では、一触即発も辞さない駆け引きが繰り広げられているのだ。

 金正恩は経済制裁による打撃に音を上げ、先月行われた韓国との南北会談に続き、6月12日に予定されている米朝首脳会談に乗っかりました。おぜん立てをしたのは韓国・文在寅政権内の従北朝鮮勢力です。

 金正恩は当初、韓国の文政権を利用して米国をうまくダマそうと考えました。過去そうだったように、交渉には応じながら時間を稼ぎ、対価を引き出す。その間に機会を見て逆転攻勢に出るというシナリオです。

──

 こう語るのは、長年にわたり北朝鮮の政治経済を分析、研究し続けてきたコリア国際研究所所長の朴斗鎮氏。3月に上梓した「金正恩」(新潮社)では、知られざる金正恩委員長の狂気に警鐘を鳴らしている。朴氏によれば、今回の米朝首脳会談実現までには、水面下でのシビアな駆け引きが繰り広げられるというのだ。

──

 しかしトランプは、米朝会談を受諾するやいなや、安全保障担当のマクマスター大統領補佐官を解任し、後任にボルトン元国連大使を指名。さらにCIA長官のポンぺオを新たに国務長官に据えました。北朝鮮との全面戦争は避けるべきだと考えていたマクマスターに比べ、ボルトン、ポンぺオの両者は強硬派と目されています。この人事を見た金正恩は「韓国だけでは心もとない」と察しました。米政権が強硬派で固められた以上、自分たちにも強力なバックが必要です。そこで大親分・中国の力を借りることにしたのです。

──

 金委員長が今年の3月25日から28日にかけて中国を電撃訪問し習近平国家主席と会談したことは世界に衝撃を与えた。金委員長は今月7、8日にも極秘裏に中国・大連を訪問し習主席と会談。その背景には、米国と並んで権勢を誇る中国に連携を求める思惑があると見られる。

──

 過去にも金日成や金正日が訪中していますが、3月の会談ほど、中国側が力の差を見せつけたことはありません。中国はわざわざ、金正恩がメモを取る場面などの映像を公開しました。会談でも、習近平は金正恩に対し、尊敬語の「あなた」ではなく、「きみ」に当たる中国語を使っていた。完全に目下扱いです。そこまでされても、中国の力を借りなければ米国に対抗できないのが北朝鮮の立場です。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
2
大みそか「ガキ使」に「新しい地図」サプライズ出演情報も立ちはだかる壁!
3
注目はF胸だけじゃない!土屋太鳳、同性人気も集めた“開き直り肌見せ戦略”
4
フリー転身も間近?TBS宇垣美里、先輩・田中みな実を超えた「名艶技」!
5
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”