芸能

テレビから消えた木梨憲武、「超多忙なのに悠々自適」な芸術家人生とは?

 とんねるず・木梨憲武の第2の人生は、やはり「芸術家」だった。

 3月22日にレギュラー番組「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)が終了したとんねるず。石橋貴明は4月から単独で新番組「石橋貴明のたいむとんねる」(フジテレビ系)に出演するも、番組視聴率は、予想以上の低空飛行となり、早くも打ち切りの声さえ聞かれる。

 一方、相方の木梨憲武は冠番組などの予定は今のところない。4月20日公開の主演映画「いぬやしき」の宣伝でちょこちょこ番組に顔を見せていたが、映画が公開されると、さっぱり表舞台から姿を消した。てっきりタレント活動終了かと思いきや、第2の人生が待ち構えていた。芸術家として本格的にやっていくようだ。すでにロンドンでの初個展も決まり、国内巡回展の入場券の販売が始まり、売れ行きもまずまずだとか。

「木梨は6月21~24日、イギリス・ロンドンで『Noritake Kinashi London Exhibition -moment-』を開催。帰国後の7月13日から『木梨憲武展 Timing-瞬間の光り-』と題し、全国14都市を巡回する展覧会が開催されます。最終会場に決まっているのが、東京・上野の森美術館で、何と東京五輪の直前、2020年の5月下旬~同年6月末までの予定です。各地からの引き合いは引きも切らずで、この先まだまだ増えることが予想されますね。それにしても、2年先まで予定がぎっしりとは、驚き。芸術家としては、引く手あまたの人気だということがよくわかります」(スポーツ紙記者)

 もっとも、木梨は1994年に「木梨憲太郎」名義で、名古屋で初個展「太陽ニコニカ展」を開催。2014~2016年には「木梨憲武展×20years INSPIRATION-瞬間の好奇心-」で国内8美術館を巡回、約43万人を動員している。押しも押されもせぬ人気画家だったのだ。

この20年で350もの作品を作り上げるほど意欲的。すきなことを自分のペースでやりつつ、ある意味“悠々自適な第2の人生”を送りながらも多忙な日々が待ち構えているというわけだ。巡回展の主催は産経新聞社。30年間お世話になったフジテレビのグループ会社である。当分食いっぱぐれはなさそうで…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策