政治

トランプVS金正恩「プロレスショー首脳会談」開戦(1)前哨戦でドラマを積み重ね

 6月12日に予定される米朝首脳会談を巡り、トランプ大統領と金正恩朝鮮労働党委員長による主導権争いがヒートアップしている。とはいえ、気になる内情を探ってみると、パフォーマンスばかりの「エンタメ劇場」が開幕しそうな雲行きなのである。

 早急な核の放棄を求めるアメリカに対して、北朝鮮は「段階的な非核化」を主張。双方が駆け引きを繰り広げる中、5月24日にはドナルド・トランプ大統領(71)が「会談中止」を書簡で伝達する事態となったが、その後も会談実現に向け、水面下の調整が続いている。

 世界中の注目が集まる米朝首脳会談だが、その行方について、全国紙国際部デスクは苦笑する。

「実は日本の政府筋の間で『これはトランプと金正恩(34)による壮大な“プロレスショー”なのでは』と見る声が出ているんです。開催決定からずっと『やる』『やらない』でモメていますが、この状況は直前までルール策定でモメにモメた『猪木対アリ戦』のようです。実際にアメリカのメディアでも、今回の首脳会談開催を巡って、二転三転する動きをボクシングの『メイウェザー対パッキャオ戦のようだ』と皮肉る声が出ている」

 世紀の会談がプロレスに例えられるとは突拍子もない感もあるが、トランプ氏といえば、かつて世界最大のプロレス団体『WWE』のリングに登場し、“疑惑の頭髪”を賭けた試合でマネージャーとして観客を熱狂させた過去もある。

「会談実施までドキドキする予断を許さない展開は、プロレス的なノリを熟知したトランプによる、アメリカ国内に向けた政治的アピールではないでしょうか。実際、大統領選でもプロレスの間の取り方とマイクパフォーマンスを意識した過激な言動で選挙戦をドラマチックに演出し、有権者をあおり、ついには当選を果たしていますからね」(国際部デスク)

 トランプ氏の政治手法がそもそもプロレスの模倣と言わんばかりだ。とはいえ今回、トランプ氏がとりたててアピールの必要性を感じているのはなぜか。

「11月6日に行われるアメリカの中間選挙です。トランプとしては中間選挙で勝利するため、メディアを使ってアメリカ国民に自身の有能性を宣伝したい。そのために、注目を集める北朝鮮との交渉自体をエンタメ化することに躍起となっているんです。ビッグマッチまでに会見や前哨戦でドラマを積み重ねていくプロレスと同じ。インパクト大となる『金正恩と握手するシーン』をシンガポールで撮ってこようとしています。いずれにせよ、北朝鮮の非核化という完全な成果を出すのは一筋縄ではいかないですから、会談前から『強いアメリカ』のイメージを作り出すことを優先している」(在米ジャーナリスト)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
太川陽介YouTube版「単独バス旅」で千葉と茨城を勘違い!「プロ」の面目まる潰れの「赤面シーン」
3
「世界頂グルメ」がいただけない!水曜日の視聴率を沈下させる「ただ食べてるだけ」
4
31年目に明かされた真実!ASKAが「“しゃかりきコロンブス”の謎」を激白
5
JR東日本高崎支社「電気機関車」と「ディーゼル機関車」一斉大量引退で訪れる阿鼻叫喚の「大パニック」