芸能

天才テリー伊藤対談「田中大貴」(4)高橋監督の言葉は簡潔だけど重いね

テリー これからは、どんな挑戦をしたいんですか?

田中 基本的に軸はスポーツに置いておきたいです。野球中継ひとつ取ってもフジテレビにいた時は主にヤクルト戦でしたが、これからは12球団全てを実況できることになったので。

テリー 活躍の場は広がっているよね。

田中 それに今、インターネット番組は地上波の敵じゃないんです。例えば、かつて高校野球の地方大会をインターネットで中継することは大問題だったんです。でも最近、それを中継したことによって甲子園の本大会の視聴率が上がってるわけです。地方大会から見ているチームが甲子園に出ると、その方たちが地上波の中継も見てくれますから。つまり、インターネットで放送すると最終的には地上波に帰ってきてくれる。野球中継だけじゃなく、全ての番組がそうだと思いますが、そうやって、いつか地上波に恩返しできればと思います。

テリー 偉いなぁ。基本的にはスポーツ実況がやりたいの?

田中 いえ、今まで培ってきたものや、ため込んできたものを出せる場であればどんなことでも。取材にも行けますし、スポーツキャスターもできますので。

テリー 大学野球部の先輩でもある高橋由伸監督、今年は変わったでしょう?

田中 変わりました。テリーさん、よくわかりましたね。

テリー 沖縄のキャンプで少し話す機会があったんだけど、語気が強くなっててね。あと、いい意味で開き直ってる感じがしました。

田中 勝負師になりましたね。2年の時間を経て、ようやくチームが「監督と選手」という関係になれたんだと思います。自分自身でも「自信がついた」とおっしゃっていましたね。基本的に高橋由伸という人物は自分に厳しいですし、人への評価も厳しいですから、この言葉は信用していいと思います。

テリー 田中さん自身は、プロ野球の道を選ぼうとは思わなかったの。

田中 うーん、どこかにご縁をいただける可能性はなくはなかったのですけれど、実際に行ってからの自信がなかったですね。ドラフト1位クラスの皆さんから結果を引き出すことが、自分が最高の状態でできなかったですから。由伸さんに相談したら、「お前が今この瞬間にプロの世界へ行って、レギュラーになってタイトルをつかめるようなイメージができるか」と。「できません」と答えたら、「じゃあ、やめなさい」と。今回独立の挨拶に行った時にも「ひと言だけ言う。生きていくって大変だからな、以上」としか言われなかったです。

テリー 重いね、その言葉は。

田中 はい、でも由伸さんらしいな、と思いました。厳しい、でもすてきなひと言をいただいたので、その意味を考えながら、これからの人生を進んでいきたいと考えています。

テリー これから自分が目指していきたい、理想の存在っているんですか。

田中 パフォーマンスの方向性は違うかもしれませんが、松岡修造さんでしょうか。あの方の、見る人に明日へ向かう活力を与える言葉の使い方やアプローチのしかたには、大きな刺激を受けますね。自分も、そういうきっかけを人に与えられていける人になりたいと思っています。

テリー 人生の第2章、まさにこれからですよ。このチャンスを逃さず、いろいろ挑戦してよ。あ、エッチな方面の仕事もね。

田中 そうですね、機会と事務所の許可があれば、ぜひ(笑)。

◆テリーからひと言

 元スポーツマンらしく、爽やかな好青年。これからいろいろなところで彼の実況が聴けそうだけど、ポロリのある仕事もやってね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉澤ひとみ、「飲酒ひき逃げで実刑」後に待っている“地獄”の全容とは?
2
吉澤ひとみ逮捕の「タチの悪さ」で業界関係者が元モー娘。“苦い記憶”を暴露!
3
嵐・松本潤とあの艶系女優が復縁!?インスタに投稿された“意味深”写真とは?
4
「過保護のカホコ」高畑充希、番宣であの大御所に触られまくり視聴者ドン引き
5
芸能男女がひた隠す「積年遺恨」18ラウンド(4)柳葉敏郎は酒癖の悪さが災いして…