スポーツ

“ワーストコレクター”巨人・高橋由伸監督が広島・丸佳浩争奪戦に参戦決断も

 本拠地・東京ドームでの広島戦に3連敗し、ヨシノブ巨人はAクラス死守も危うくなってきた。広島との対戦成績は5勝15敗1分け、巨人が広島の3連覇を後押ししたと言っていいだろう。

「過去、セ・リーグで3連覇を果たしたことがあるのは、V9時代の巨人だけでした。広島が優勝すれば、快挙ですよ」(プロ野球解説者)

 V9の歴史にキズが付いたからだろうか。ここにきて、国内FA権を取得した広島・丸佳浩外野手の争奪戦に巨人も加わるとの見方が強まってきた。

「一時期は丸の争奪戦には参戦しないとの見方が支配的でした。巨人の外野陣は豊富ですし、今季は3年目の重信が頭角を現しました。丸を獲得すれば、重信の出場機会を奪うことになるからです」(スポーツ紙記者)

 その考え方を変えさせたのが、高橋監督のようだ。高橋監督は俊足の重信を買ってはいる。しかし、広島にここまで負け続けると、「広島を戦力ダウンさせる目的で」という意見も出始めたという。もっとも、丸が本当にFA権利を行使したら、複数の球団が動くだろうし、広島も慰留に務めるはずだ。

 早々に自力V消滅。高橋監督は昨年8月から続くマツダスタジアムでの連敗が「13」、同一球場での球団ワースト記録を更新した。しかも、同一球場で開幕から連敗という、球団ワースト記録がまた新たに生まれた。昨季もシーズン13連敗の屈辱を味わい、このまま、4年連続V逸も球団ワーストタイ。ワーストコレクター・ヨシノブは「丸の獲得論」に反対できないかもしれない。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
剛力彩芽にはどうしても「月旅行」に行けない理由があった!
2
飲酒ひき逃げ・吉澤ひとみを待ち受ける「刑務所地獄」(1)危険運転致傷罪で重刑に
3
10月改編「美女アナ」ここまで変わった「最新勢力地図」(1)テレ朝・弘中綾香を巡る争奪戦
4
吉澤ひとみ、ドラレコ動画が拍車をかけた「供述はほとんどがウソ」疑惑!
5
「ダメ大河」に「ダメ朝ドラ」…2大人気脚本家の評価がガタ落ちしていた!