女子アナ

テレ朝弘中綾香が“大車輪”に?美女アナ秋の「最新勢力図」を大公開する!

 テレビ各局にとって10月改編は今後の命運を握る大事な時期。中でも人気女子アナの争奪戦は一段と過熱している。それもそのはず、ここにきて女子アナの世代交代が一気に加速。これまでの主役が脇に追いやられ、新人クラスが次々と抜擢されている。

 中でも顕著な新陳代謝が繰り広げられているのが、テレビ朝日だろう。くしくもかつて、タレントとの不貞でテレ朝を去った人気アナも復活を果たす。現在はウッチャンナンチャンの内村光良の妻であり、フリーアナの徳永有美(42)が「報道ステーション」に復帰が決定したばかりだ。

 そして、むしろ、局内で驚きをもって迎えられたのが、小川彩佳アナ(33)の降板だった。

「当初は、交際していた嵐の櫻井翔との結婚もささやかれたが、ふたを開けてみれば、櫻井とは破局。週刊誌には、メイン司会の富川悠太アナとの不仲がすっぱ抜かれるなど、インテリアナのイメージが一気にダウンしてしまいました」(制作会社関係者)

 一方で、次期エースに指名されたのが、9月17日を最後に「ミュージックステーション」を卒業したテレビ朝日の弘中綾香アナ(27)。入社直後から「Mステ」のサブMCを5年間務めた彼女だが、今回の“異動のウラ事情”についてテレビ朝日関係者が証言する。

「弘中アナの卒業が本決まりになったのは今春のこと。局の内部では『これから彼女は猛烈に働かさせられる』と話題ですよ。報道では彼女のMステ卒業に関して番組にとっての“若返り”の意図が強調されていますが、実際はそれ以上に、彼女が今後『テレ朝のエース』として活躍することの期待が現場で盛り上がっていることのほうが大きい。この秋から頻繁に特番に起用される予定です」

 その背景にはテレビ各局の戦略が見え隠れするが、それぞれの事情を9月18日発売のアサヒ芸能9月27日号では、詳報している。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!