芸能

え、何が!? 欅坂46平手友梨奈、生パフォーマンスの異変にファンから心配の声

 徐々に回復していたと思えていただけにファンは見ていて、ヒヤッとしてしまったようだ。

 欅坂46が12月4日に生放送された音楽番組「うたコン」(NHK総合)に出演。最新曲「アンビバレント」を披露したが、センターポジションを務める平手友梨奈の動きに違和感を覚えたファンが多いようだ。同楽曲はダンスの振り付けが激しいことでも有名だが、「NHK紅白歌合戦」への出場が決まっていることもあり、メンバーたちは気合の入ったパフォーマンスを披露。しかし、ふだんはキレキレのダンスでパフォーマンスを引っ張る立場であるセンターの平手の体の動きにキレはなく、フリの動作もいつもより小さく、躍動感は見えなかった。他のメンバーと違い、表情もカメラを意識した様子はなく、ただただ暗い印象を受けた。

 そのため、ファンからは「平手、いったいどうした?」「今日のてちは無気力ダンスっていう感じだった」「おいおい、今年も紅白がただただ心配なんだが…」など、平手のコンディションを心配する声が相次いでいる。

「パフォーマンスをしている時の記憶がほとんどないと話すなど、魂を削って渾身のパフォーマンスをすることから憑依型アイドルとも言われている平手。そのため、1回のパフォーマンスでかかる精神的な負荷が大きいのか、全国ツアーがある夏や、音楽特番ラッシュの年末など極端にスケジュールが忙しくなった時には電池切れかのようにパフォーマンスに違和感を覚えることが多いんです。平手のこうした異変は昨年の夏頃から見られており、一時的にメンタルの状態が回復したように思える時期ももちろんありますが、やはり安定はしていませんね」(アイドル誌ライター)

 思えば、昨年の「紅白歌合戦」もコンディションが心配される中での出場となったが、年内で一番よかったと高評価するファンが続出するほどのパフォーマンスを見せたが、その後の総合司会の内村光良とのコラボではボロボロのパフォーマンスとなっていた平手。

 それだけに今年の「紅白歌合戦」も目が離せないことになりそうだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
4
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
5
巨人・原監督、桑田コーチを招聘の裏にあの“大物球団OB”を巡る思惑が!?