芸能

え、何が!? 欅坂46平手友梨奈、生パフォーマンスの異変にファンから心配の声

 徐々に回復していたと思えていただけにファンは見ていて、ヒヤッとしてしまったようだ。

 欅坂46が12月4日に生放送された音楽番組「うたコン」(NHK総合)に出演。最新曲「アンビバレント」を披露したが、センターポジションを務める平手友梨奈の動きに違和感を覚えたファンが多いようだ。同楽曲はダンスの振り付けが激しいことでも有名だが、「NHK紅白歌合戦」への出場が決まっていることもあり、メンバーたちは気合の入ったパフォーマンスを披露。しかし、ふだんはキレキレのダンスでパフォーマンスを引っ張る立場であるセンターの平手の体の動きにキレはなく、フリの動作もいつもより小さく、躍動感は見えなかった。他のメンバーと違い、表情もカメラを意識した様子はなく、ただただ暗い印象を受けた。

 そのため、ファンからは「平手、いったいどうした?」「今日のてちは無気力ダンスっていう感じだった」「おいおい、今年も紅白がただただ心配なんだが…」など、平手のコンディションを心配する声が相次いでいる。

「パフォーマンスをしている時の記憶がほとんどないと話すなど、魂を削って渾身のパフォーマンスをすることから憑依型アイドルとも言われている平手。そのため、1回のパフォーマンスでかかる精神的な負荷が大きいのか、全国ツアーがある夏や、音楽特番ラッシュの年末など極端にスケジュールが忙しくなった時には電池切れかのようにパフォーマンスに違和感を覚えることが多いんです。平手のこうした異変は昨年の夏頃から見られており、一時的にメンタルの状態が回復したように思える時期ももちろんありますが、やはり安定はしていませんね」(アイドル誌ライター)

 思えば、昨年の「紅白歌合戦」もコンディションが心配される中での出場となったが、年内で一番よかったと高評価するファンが続出するほどのパフォーマンスを見せたが、その後の総合司会の内村光良とのコラボではボロボロのパフォーマンスとなっていた平手。

 それだけに今年の「紅白歌合戦」も目が離せないことになりそうだ。

(石田安竹)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
芦田愛菜「16歳」のマルモリ野望(1)大手進学塾でトップクラス