スポーツ

「巨人移籍」丸佳浩、“善人発言”にカープファンがブチ切れ大バトルに!

 このオフシーズン、プロ野球界で話題となった移籍といえば、地元の男性ファンだけでなく、全国のカープ女子をも泣かせてしまった、丸佳浩のFAでの巨人移籍。そんな電撃移籍の丸が、12月11日都内ホテルで入団会見。「ジャイアンツでプレーさせていただきます丸佳浩です。チームの勝利にひとつでも貢献できるプレーをたくさんしていきたい」「まずはやってやるぞ、という前向きな気持ち。早く野球がしたい」と、抱負を語った。

 ひと通りの挨拶が済むと、当然記者からは、あれだけ残留を願ったファンの多かった広島カープと対戦することになる気持ちについての質問が飛んだ。ところが、丸が発した答えに対し、カープファンのガマンが限界を超えてしまったのだとか。

「丸のコメントはよくある優等生発言ですけどね。『正直複雑な思いがありますが、そこはしっかり、前向きに考えていく。広島カープのファンの前で、いいプレーができたら』と答えました。それでも、カープファンを気づかってか、会見中はあまり笑顔を見せなかった丸に《前向きならもっと笑え》《中途半端な古巣愛を見せないでほしい》など、厳しい声が飛びました。『カープのファンの前でいいプレーができたら』という言葉の直後のSNS上には《やっぱり言いやがった》《どっちにもいい顔しようとするなよ!》と罵声も。裏を返せば、一流になる前から丸を応援してきたファンはどこかで“残留してくれる”という思いが強かったのでしょう。それだけに、誰も得しない丸の中途半端な気づかいが、慰めどころか刃物のように突き刺さったのだと思います」(週刊誌ライター)

 会見直後、ネット上は大荒れ。カープファンが〈カープへの恩返しなんかクソ食らえ〉〈これからは凡打の山が私たちにとって“いいプレー”〉〈よりによって絶対に応援したくないチームに行ってしまった。だから丸のことも一生応援しない〉と丸を切り刻めば、それを読んだ巨人ファンからは〈カープファン、だっさ〉〈移籍したら裏切り者とか田舎の球団はこれだからwww〉〈カープの投手を丸が全員KOします〉〈広島ざまぁ〉など、挑発的なコメントを連打。これに対しカープファンが再度ぶち切れるなど、完全にバトルとなってしまった。

 たかが野球、されど野球。ただ、〈正直に(丸が)子どもの頃から巨人ファンで行きたかったと笑ってくれたほうがどれだけスッキリしたか〉というオールドファンの声が一番しっくりきたと言ったら、熱心なファンに怒られるだろうか?

(飯野さつき)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
3
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること