芸能

DV騒動「純烈」友井雄亮の気性の荒さは過去の出世作で予見されていた!?

 あの“役”は地で行っていたのか。

 レコード会社に契約解除される苦境から、健康センターやスーパー銭湯などでの地道なライブ活動をスタート。昨年大みそかには、ついにNHK紅白歌合戦出場を果たした、5人組ムード歌謡グループ「純烈」。しかし、メンバーの一人で振付を担当する友井雄亮の交際女性への凄惨なDVなどが1月10日発売の「週刊文春」によってすっぱ抜かれ、一気に暗雲が垂れ込めている。

「DVは警察沙汰になるほど激しいもので、被害を受けた女性A子さんとの間に交わしたという誓約書には、《A子さんを妊娠させ、流産させてしまい、その傷ついた体と心に輪をかけるように「逆によかったやん」といたわる事もせず、ひどい言葉で深く傷つけてしまいました》との一文もある。イメージダウンは深刻ですから、純烈は大ブレイクのチャンスを失いましたね」(芸能記者)

 何でも、友井の気性の荒さ、気の短さは、メンバーの間でもたびたびネタにされるほどで、周囲のよく知るところだったという。

「思えば、彼の出世作となった『仮面ライダーアギト』で演じていた葦原涼は、野性的で暴力的な男という設定でした。彼が変身する仮面ライダーギルスは、パワーコントロールがきかない不完全体の仮面ライダーでした。今回の騒動を予見していたようにも見えてしまいます」(前出・芸能記者)

 1月11日に都内で単独会見を開き騒動を謝罪した友井だが、これ以上のファンへの裏切りはないだろう。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」