芸能

美女アナ争奪戦「引き抜き現場の札束攻勢」を見た(3)TBS・宇垣美里争はオスカーが本命だが…

 今春、鳴り物入りでフリー転身を果たすTBSの宇垣美里アナ(27)。すでに大手芸能事務所の「オスカープロモーション」入りが確実視されているが、ここにきて他の事務所への移籍が取りざたされるなど、波乱含みとなっている。芸能関係者が明かす。

「彼女は昨年末の段階でオスカーと契約合意に至ったのですが、正式に契約書を交わすのは今年3月。そんな中、この“空白の期間”を利用した『最終交渉』がオスカーを巻き込む形で、宇垣アナといくつかの他事務所との間で行われているんです」

 つまり、正式退社まではフリー転身後の契約ができないだけに、その間隙を縫って逆転を狙うライバルの存在があるというのである。それにしても「最終交渉」とは何か。

「2月10日放送の『サンデー・ジャポン』で宇垣アナ本人がフリー転身を報告した際、所属事務所について『今もどこにしようかなと検討中です』と答えていたのですが、この裏に『あわよくばオスカー以上の好条件を引き出したい宇垣』と『まだ宇垣アナ獲得を諦めていない事務所』による最後の駆け引きが行われているんですよ」(芸能関係者)

 仮にオスカー以外に所属することになれば、掟破りとして問題視されかねない危険な駆け引きだが、先の芸能関係者は「そうなる可能性は十分ある」と断言する。

「他事務所から宇垣アナに提示されている条件は『歩合7割がギャラ取り分』など、オスカー以上の厚遇を提示する破格のものばかり。さらには華々しく『女優転身』をもくろむ宇垣アナの希望を汲んで『女優として猛プッシュ』を確約する動きもあるようです。タイムリミットまで約1カ月、彼女を巡る最終争奪戦は激化必至ですよ」

 そして、小川アナに続く激震に見舞われているのがテレビ朝日だ。というのも、ベテランアナの下平さやかアナ(46)が夫である元巨人・長野久義の「広島移籍」に揺れているからだ。1月7日に長野のカープ入りが決まって以来、ささやかれているのが、彼女の「3月退社説」と「広島移住説」なのだ。

 1月26日、AbemaTV「みのもんたのよるバズ!」に出演した下平アナは、みのから「広島に行くの? 行かないの?」と問われ「2月いっぱいくらいに結論を出そうかなと思っています」と「夫と仕事」の間で揺れる悩ましい気持ちを吐露している。

 そして現在、彼女の悩みを解決する「ウルトラC計画」が局内で浮上しているという。テレ朝関係者が明かす。

「今年で入社25年目となる彼女にとって、テレ朝への愛着は相当なもの。夫の移籍が決まってからも『本当なら絶対に辞めたくない』と親しい同僚に語っています。そんな中、前代未聞の奇策として、彼女の『広島レンタル移籍プラン』が浮上しているんですよ」

 系列局への異動は、これまで民放のテレビ局では行われてこなかっただけに、問題が山積かと思いきや、実現の可能性は十分にあるという。

「テレ朝の系列局である広島ホームテレビに彼女を『レンタル移籍』で送り出せないかという計画なんです。これなら仕事を続けつつ、夫のサポートもこれまでどおりできる。さらには今後、長野が“巨人復帰”を果たした際には、下平アナもテレ朝に復帰できるといった、いいことずくめのアイデアですよ」(テレ朝関係者)

 夫唱婦随で、女子アナとしてもう一花咲かせるかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
サイ・ヤング賞候補なのに先発投手ランキングから消える…カブス・今永昇太「防御率0点台」に立ちはだかる「問題」
2
「矢野はなんちゅうことをしてくれたんや」阪神OBが嘆く佐藤輝明の「致命的な初期育成ミス」
3
楽天・西武・中日…3弱チームの共通点は「PL学園出身監督」高すぎるプライドに江本孟紀ダメ出し
4
北京五輪「世紀のエラー」G.G.佐藤に野村克也が贈った死の10日前の金言「お前の勝ちだ」
5
「長嶋監督、怒ってなかった?」高橋由伸が耳を疑った巨人・阿部慎之助監督の「のん気発言」