スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「タガノディアマンテが混戦に断」

 先の弥生賞に続く皐月賞のトライアル(3着までに優先出走権)、スプリングSが今週の東のメインだ。

 顔ぶれを見てみると、大きく抜けた馬はいない。本命サイドでの決着とみられた弥生賞は思わぬ波乱となったが、さて、ここはどんな結末を迎えるのか。簡単に人気どころに飛びつくわけにはいかないだろう。

 いちおう朝日杯FS2着のクリノガウディー、同4着ファンタジスト、目下2連勝中のヒシイグアス、そして良血ロジャーバローズ(ジャパンCを連覇したジェンティルドンナが近親)が人気上位とみられるが、絶対視はできない。

 近年、このレースを勝ってダービー馬に輝いたのは02年タニノギムレット、03年ネオユニヴァース、06年メイショウサムソン、11年オルフェーヴル(3冠馬)で、15年キタサンブラック(菊花賞)など、クラシックを制した馬は、弥生賞と同じく、少なくない。

 それだけにファン必見のレースで、今年も‥‥とその期待は膨らむが、昨年まで8年連続で馬単、馬連での万馬券は出ていない。しかし今年の顔ぶれからして、一転する可能性は十分あるだろう。

 とはいえ、03年に馬単が導入されて以降、これまでの16年間、その馬単での万馬券は3回のみ。無謀な穴狙いは避けるべきだ。

 それにしても、前述の人気どころにヒケを取らない素質馬が多く、穴党としても目移りしてしまう。悩むところだが、最も期待してみたいのは、タガノディアマンテだ。

 タガノトネール(GIII武蔵野S)、タガノエスプレッソ(GIIデイリー杯2歳S)の弟で、オルフェーヴルが父ということもあり、兄以上の期待が寄せられている逸材だ。

 前走のきさらぎ賞は一息入ったあとで、やや余裕残しの仕上がり状態。そのためか、スタートで後手を踏んでしまい、それまでと違って後方から。それでもメンバー中、最速の上がり脚で、2着に食い込んでみせた。その強烈な末脚は父譲りのものだろうが、この戦法が使えたのは、どんな展開になるか読みづらいここでは、大きな武器になるだろう。

 使われたことでこの中間は大きく良化し、乗り込み量も豊富で、1週前の追い切りは実にリズミカル。文句なしの動きだった。

「心身ともにたくましくなってきて、雰囲気がとてもいい」

 こう言って、鮫島調教師は順調ぶりを強調するが、ならば期待していいのではないか。

 均斉の取れた好馬体で、このへんからも素質のよさがうかがい知れるが、血統からも今後の活躍を大いに見込んでいい。

 前述したように2頭のオープン馬を兄に持ち、近親、一族にはトゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯)、ドリームディール(米GIモンマスオークス)など、多くの活躍馬がいる良血だからだ。

 晴雨にかかわらず、混戦に断を下すのは、この馬だ。

 馬券はタガノディアマンテを主力に手広く流したいが、穴中の穴として注目したいのは、アンクルテイオウだ。GIII共同通信杯2着のイモータルの弟だが、素質はこちらが上。未勝利を勝ち上がったばかりで、それもハナ差の辛勝、時計も平凡だった。が、軽く見てはいけない。

 前走後は、ここを目標に短期放牧を挟み、入念に乗り込んできた。そのかいあって大幅な良化ぶりを見せており、1週前の追い切りは抜群だった。

 近親にシロッコ(BCターフ、コロネーションCなどGI4勝)がいる血筋。あか抜けた好馬体、その血統から、大化けがあっても不思議はない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
徳光さんも激賞!「嵐の24時間テレビ」、日テレの「続投」思惑を阻む“壁”とは?
2
二階堂ふみ「情熱バスト」で宮沢りえ、沢尻エリカを圧倒も懸念される材料とは?
3
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(1)闇夜の一人プレイで豪快に果てた尾野真千子
4
「あな番」で演技力を知らしめた横浜流星を最終回で待ち受けていた残念な設定!
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは