スポーツ

イチロー「引退会見」で封印した「巨人移籍」土壇場破談の全舞台裏(2)「既成事実化をやめてくれ」

 そして衝撃の引退会見。午前0時前から始まると、1時間25分にわたってイチロー節を炸裂させた。キャンプ終盤に引退を決断し、(東京での試合の)数日前、球団に引退の意向を伝えたこと、マリナーズ以外でプレーする気がなかったことなどを語ったのである。多くの質疑応答が繰り返されたが、ひとつだけ、イチローが言いよどむシーンがあった。

──日本のプロ野球に戻るという選択肢はなかったのでしょうか。

「なかったですね」

──どうしてでしょう。

「それはここでは言えないなぁ‥‥」

 やや困惑の表情を浮かべたイチロー。それもそのはず、決して表には出せない「極秘交渉」が行われていたからだ。

「巨人がイチロー獲得に動いていたんです。そもそも、原辰徳監督(60)はイチローが大好き。(日本開幕戦前に行われた)マリナーズとのプレシーズンゲーム後にイチローについて聞かれ、『若々しい。守備力、走力については全盛期と何も変わらない』と絶賛していました。原監督は自身が率いた09年のWBC世界一メンバーに異常なほどの愛着がある。中島宏之、岩隈久志を獲得した理由もそこです。その優勝メンバーのリーダーがイチローだった。しかも50歳まで現役、という目標を掲げている。マリナーズでは事実上の戦力外状態のイチローに対し、それならウチでかなえさせてあげたい、と考えたようです」(読売グループ関係者)

 実は原監督は、昨年オフにイチローの元専属通訳T氏を「スカウト」し、球団フロントに招いている。イチローを獲得する際の布石を打っておいたわけで、いわば身内のキーマンとも言える存在だ。

 T氏はさっそく、守護神候補のクックをマリナーズから獲得。原監督のブレーンとして実力を発揮するや、同時に、「巨人移籍」交渉もスタートしたのである。

 今回のマリナーズの開幕2試合の興行主は読売グループ。それは昨年5月の段階で決まっていたが、この時点ですでに巨人がイチローを取り込むための環境は整いつつあった。メジャー関係者が言う。

「巨人はイチローと水面下での交渉を続けましたが、引退会見でイチローが話したように、キャンプ終盤、日本凱旋の直前に引退を決意。この時、移籍を断る旨を、巨人に伝えていたのです。ところが巨人はそれでも諦めず、ギリギリまで代理人と接触を続けた。開幕初戦でサービス監督は、イチローの引退儀式のようなことをやりました。一度守備に就かせてから交代を告げ、選手全員でハグ。相手チームもスタンディングオベーションを送る『セレモニー』がそれです。なんとかイチローに翻意させたかった巨人と読売グループは、これを見て焦った。『引退を既成事実化してファンや視聴者に印象づけるような行為、起用法はやめてくれ』と、マリナーズに引退撤回の圧力をかけたのです」

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫