スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「シェーングランツが混戦に断」

 さあ、クラシックだ。

 第一弾は、むろんのこと桜花賞。価値の大きさはこのあとのオークス以上で、明け3歳牝馬による頂上決戦だ。毎年フルゲート(18頭)、もしくはそれに近い頭数になるが、今年は28頭の登録があり、間違いなくフルゲート。トライアルの一つチューリップ賞を制して目下4連勝のダノンファンタジーを筆頭に、有力視されている馬は実に多い。ハイレベルでの混戦と見られており、見応え満点と言える一戦で、馬券的にもかなりおもしろい。

 馬単が導入されて16年になるが、この間、その馬単での万馬券は4回(馬連では2回)。1番人気馬は4勝(2着5回)、2番人気馬は5勝(2着4回)。1、2番人気馬のワンツー決着は5回あり、そう大きく荒れることはない。

 とはいえ、多頭数での競馬。昨年勝利したアーモンドアイのように絶対視される馬はおらず、有力どころがこれだけ多いと、波乱の決着ということも大いにありそうだ。

 また、毎年のこととはいえ、今回も最大手ノーザンファーム生産馬が最も多く、出走可能馬の半数を数える。しかも、そのほとんどが有力候補と見られている。ダノンファンタジーを筆頭としてクロノジェネシス、グランアレグリア、ビーチサンバ、ルガールカルムといった面々だ。

 いずれもチャンスは大いにありと見ていいが、しかし穴党としては、これではおもしろくないだろう。

 13年アユサン(7番人気)や15年レッツゴードンキ(5番人気)、17年レーヌミノル(8番人気)のような“一発屋”が隠れてやしないか。それをあぶり出してみよう。

 混戦とみた以上、有力各馬にそう大きな力の開きはない。能力は高いながら、そう評価されていない馬がいる。期待したいのはそれ、シェーングランツだ。

 藤沢和厩舎では、もう1頭のグランアレグリアのほうが高い評価を得ている。

 牡馬に伍してGI朝日杯FSで1番人気に支持されて3着と好走。ならば牝馬同士のここでは、と見るのは当然である。

 前走後は、放牧で成長を促し、ここ一本に的をしぼっての調整。思惑どおり、たくましくなって美浦トレセンに帰厩したあと、しっかりと乗り込まれており、陣営は「前走よりいい雰囲気。楽しみ」としている。

 しかし、関係者がいくら気のいいタイプで調整しやすいといっても、4カ月ぶりの実戦となるのが、どうしても気になってしまう。

 その点、シェーングランツは、トライアルを使われて大幅な良化ぶりを見せている。ならばチャンスがあっていいのではないか。

 前走のチューリップ賞(5着)は、3カ月ぶりの実戦。まだ寒い時期でもあり、少し馬体に余裕が感じられた。そのため、しまいが甘くなったと見ている。しかし、それでも勝ち馬との差はコンマ5秒。それだけに巻き返しは大いに可能なのではないか。

 周知のようにオークス馬ソウルスターリングの妹。姉は期待された桜花賞で3着に敗れたが、姉よりも末脚が切れるのが魅力だ。

 阪神JF(4着)、チューリップ賞と、ここ2戦で期待を裏切ったことから人気が落ちたのは、こちらとしては願ったり。阪神JFは輸送による体重減、前走は休み明けでイマイチの状態だったのが敗因と見たい。

「この中間は、すこぶる順調」とは厩舎関係者が口をそろえるところ。良馬場条件に大きく狙ってみたい。

 穴で注目してもらいたい馬が、もう1頭、メイショウショウブである。

 目下のところ補欠1番手だが、1頭ヤメる馬がいれば出走可能である。こちらも一度使われて、とにかくムードがいい。人気、有力どころは末脚勝負型が多いため、この馬の先行力がモノを言うはずだ。

 アドマイヤムーン(ジャパンCなどGI3勝)やヒシアマゾン(エリザベス女王杯)が近親にいる良血。一発があっていい。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ