女子アナ

「平成のアイドルアナ」30年史(2)永井美奈子フリー転身で3人のスポーツアナに脚光

 フジの独走に待ったをかけるべく、敢然と戦いを挑んだ局があった。日本テレビである。その中心にいたのが永井美奈子だ。

 永井はフジの三人娘と同じ88年入社組。92年春にスタートした朝の情報番組「ジパングあさ6」のメインキャスターに起用されたことで一気にブレイクした。

「早朝にもかかわらず視聴率は最高で16.5%を記録。あまりの人気に局では後輩アナの米森麻美(89年入社)と薮本雅子氏(91年入社)とのトリオで『DORA』という歌手ユニットを結成。93年にはCDデビューし、絶大な人気を獲得しました」(芸能記者)

 図式はまさに逃げるフジに追う日テレ。だが、この戦いを横目に観ていた他局にもアイドルアナとなる人材が現れ始める。特にTBSには89年入社の福島弓子、90年入社の渡辺真理、そして93年入社の雨宮塔子が頭角を現し、90年代のTBSを支えた。

 90年代半ばになると、永井美奈子ら女子アナブームの中心的人物が次々とフリーへ転身し、一つの時代が終わりを告げた。そこから94年入社組によって「第2次アイドルアナ」の時代が到来する。第2次はフジの一局集中とはならず、他局にもアイドルが存在した。

「その一人がNHKの久保純子です。彼女は96年に大阪放送局から異動すると、いきなり『NHKニュース11』のスポーツコーナーに抜擢される。そこでNHKアナとは思えぬ読み間違いを連発。視聴者にはこれが逆に新鮮に映ったのか、NHKでは珍しくアイドルアナウンサーと称され“クボジュン”の愛称で親しまれました」(週刊誌記者)

 TBSでは福島弓子~渡辺真理~雨宮塔子と続く系譜の中で進藤晶子という大型新人が現れる。

「彼女は入社2年目の95年から深夜番組『ランク王国』の司会を担当。ここで披露したアニメのキャラの扮装姿で一躍注目の的となりました。アイドル的人気を得た彼女は、97年秋に満を持して『筑紫哲也NEWS23』のスポーツキャスターに起用され、局を代表するスポーツアナとなっていきます。さらに、久保と進藤の2人のスポーツアナに対抗するように、フジに現れたのが木佐彩子。バラエティ番組の印象が強い彼女ですが、96年4月から00年3月まで『プロ野球ニュース』のキャスターを務めるなど、90年代後半は木佐なくしてフジは語れない状態でしたね」(前出・週刊誌記者)

 そして、00年代に突入すると「女子アナ」はさらなる進化を遂げる──。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…