スポーツ

川田将雅を下剋上覚醒させた「8つの導火線」(2)レース後の「ひと悶着」で痛感

 川田は2強の一角だったルメールも駆逐しているが、その関係もまた、微妙そのもの。

 先の皐月賞(4月14日)では最後の直線で、ルメール騎乗のサートゥルナーリアが内に斜行し、川田のヴェロックスに接触。サートゥルナーリアは1着入線したが、審議の対象となった。

「結局、到達順位どおり、ルメールが優勝し、川田は2着。この降着騒ぎに川田はヴェロックスをたたえつつ、今後の逆転への意欲を表すコメントを残しただけだった。しかし、腹の中は煮えたぎっていたと思いますね」(競馬ライター)

 デムーロと同じく、これまた思い出される「事件」もある。17年の凱旋門賞だ。ルメールはサトノダイヤモンドに騎乗。川田はそのラビット役(ペースメーカー)として、サトノノブレスで参戦していた。前哨戦のフォア賞でまずその役目を果たそうとしたが、一度もペースメーカーを務めたことがなかったため、うまくこなすことができない。シビレを切らしたルメールが先頭に出る場面もあった。

 結局、サトノダイヤモンドは4着、サトノノブレスは6着に。競馬サークル関係者が回想する。

「レース後、二人の間でひと悶着あったことは、現地で見ていた記者ならみな知っています。凱旋門賞はその失敗を糧に挑みましたが、両馬とも見せ場なく大敗を喫した(ダイヤモンド=15着、ノブレス=16着)。川田はこの2戦の経験から、騎手はやはり主役を務めなくてはいけない、と痛感したといいます。『俺のほうが上の立場にならなきゃいけない』という強い決意です

 なにしろ凱旋門賞制覇はルメールだけでなく、川田にとっても大きな目標。かつてインタビューで「最も勝ちたいレースは?」と聞かれた際に「凱旋門賞」と答えていたほどだ。

「今年は主戦を務めるキセキが一次登録を済ませ、参戦に意欲的。もし実現すれば、14年のハープスター、17年のサトノノブレスに次いで3度目の挑戦となる。凱旋門賞Vという目標も、リーディングトップを走る原動力になっています 」(競馬ライター)

「上の立場」を確固たるものにするためにも、ルメールに勝ってみせることは必須。そのカギとなるのは、夏の競馬だろう。競馬ライターが続ける。

「主戦場はルメールが北海道で、川田は小倉。直接対決はほとんど見られないでしょうが、互いにどれだけ勝ち鞍を伸ばせるかが、リーディングを取るうえで重要ですね。いや、その前に日本ダービー(5月26日)で2人がどんな結果を出しているかも、大きなポイント。ルメールにとっては3年前にハナ差で負けたことへのリベンジだし、川田にとっては先の皐月賞のリベンジとなりますから」

 ここでもまた、川田がルメールを駆逐することになるのか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情