スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ダンツキャッスル能力開花」

 3歳馬によるダートの重賞、ユニコーンSが今週の東京競馬場のメインだ。

 GI戦のステップレースという意味合いはなく、重要視されるべき重賞ではない。したがって、ここで勝ち負けして大きく羽ばたき、ダート界を引っ張っていくような馬も、そう多くは出ていない。

 それでも、これだけ将来を期待されるダート自慢がそろうと注目せざるをえない。どのあたりまで出世するか値踏みするだけでも楽しいもので、いずれにせよ、ここで勝ち負けする馬は、ダート界を背負う候補の1頭として新しい一歩を踏み出すことになるのは間違いない。

 青竜Sの1、2着馬、デュープロセスデアフルーグは、その有力候補と言っていい。前者は目下4連勝と快進撃中だが、この馬よりも後者のほうが、より注目株とみるべきだ。

 デアフルーグは前走で初めて東京コースを経験。最内枠を引いたこともあり、道中は内で包まれリズムに乗れず、かなり苦しい競馬を強いられた。それでも直線半ばで視界が開けると、メンバー中、最速の上がり脚でデュープロセスにクビ差まで肉薄してみせた。

 なかなかできる芸当ではなく、それだけに鈴木伸調教師は、こう言って自信をチラつかせる。

「まだまだ体全体が緩く、本当によくなるのは秋以降。そんな状態で結果を残してきたのだから、力は確か。兄姉と違って素直で乗りやすく、東京のマイル戦を一度経験したことは大きい」

 1週前の追い切りでは、いっぱいに追う2頭のパートナーを馬なりでアオッて、気を吐いていた。ということで、デアフルーグが最右翼と言っていいが、そうであっても穴党としては別の馬に目をつけてみたい。

 イチオシしたいのは、ダンツキャッスルである。

 前走、500万下(現1勝クラス)の平場を勝ち上がったばかりだが、その走破時計は速く、手綱を取った幸騎手は「追えばもっと時計は速くなっていた。これからが楽しみな馬」と、手放しのほめようだった。

 確かに同じ日の同じ舞台(京都ダ1800メートル)で行われた古馬500万下の勝ちタイムを、コンマ8秒も上回るものだった。この時期の3歳馬としては出色の好内容と言っていい。

 当初は芝で走っていたが結果が出ず、ダートにホコ先を向けるや、あっさりと2勝。ともにぶっちぎりの勝利で、ダート適性は推して知るべし。1週前の追い切りも軽快で順調そのものだった。

「直線の長い東京コースでも、バテるような馬ではなく、問題ない」

 とは、谷調教師。先行力が持ち味で、人気、有力どころが末脚勝負型だけに、スピード自慢のこの馬には展開も味方しそうだ。

 血統的に見ても、ダートで活躍した馬が多くいる北米の一流牝系の出。ここで一気に花開いてもいい。

 そして今週から北海道競馬が始まるが、その函館競馬の開幕週のメインは、函館スプリントS。よく荒れることで知られており、思い切っていきたい。

 狙ってみたいのは、ダイメイフジだ。

 前走の京王杯SC(東京芝1400メートル)は、道中、行きたがって折り合いを欠き、10着。それでも強敵相手に勝ち馬タワーオブロンドンとコンマ4秒差で、悲観する内容ではなかった。

 しかも、今度は実績のある6ハロン戦。陣営としては狙っていたレースで、1週前の追い切りは順調そのものだった。北海道の力を要す洋芝は初めてになるが、ダート、芝を問わず活躍したアグネスデジタル産駒。姉のダイメイプリンセスが函館の芝で勝っていることを思えば、むしろ洋芝は歓迎と言っていいだろう。

 相手はそろうが“一発”があって不思議はない。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
2
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
3
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?
4
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
5
ザ・ドリフターズ 仲本工事が明かす「全員集合」裏話(1)長かったいかりや長介の説教