芸能

大島優子、英語力は上達もアメリカには詳しくならなかった?

 女優の大島優子が、1年間のアメリカ留学で身に付けた英語力を披露してみせた。

 6月24日に行われた、SFドラマ「ストレンジャー・シングス 未知の世界3」(Netflix)の夏祭りイベントに、大島はあでやかな浴衣姿で登場。イベント中には初来日したキャスト陣のトークにふんふんとうなずき、同席したスピードワゴンの小沢一敬から「大島は会話がわかるんだ!?」と感心される場面も。また、好きなキャラを訊かれると「アイ・ライク・ダスティン」と英語で答え、ダスティン役のゲイテン・マタラッツォを喜ばせていた。

 その大島は「ポートランドというところに留学していたんですよね」と、自身の留学先について言及。そのうえで「1年ちょっと行ってたんですけど、学校でこの作品の話題でもちきり」だったと語り、同ドラマのシーズン2が放送されていた当時の状況を説明した。このように留学の成果を披露した大島だが、彼女の説明にはひとつ、残念なポイントがあったという。アメリカ在住歴を持つライターが指摘する。

「大島が留学先をポートランドだと明かした時、アメリカに縁のある人たちは《どっちの!?》と思ったことでしょう。というのもアメリカには2つのポートランドがあるからです。日本人になじみ深いのは、東京からの直行便もある西海岸・オレゴン州のほう。一方で東海岸のメイン州にも同名の街があり、こちらは400年近い歴史を持つ港町で、オレゴン州のポートランドはこちらを市名の由来としています。アメリカでは両都市を区別するため“Portland,OR”“Portland,ME”と州名込みで表記するのが一般的。はたして大島がどっちのポートランドに留学していたのか、疑問は尽きません」

 大島は15年に短期留学でニューヨークに滞在していたこともあり、ポートランドという地名に驚いたファンも少なくなかったようだ。そんな彼女がどちらの都市で英語を学んでいたのかは、すでに本人の口から明かされていたというのである。女性誌のライターがささやく。

「帰国後に大島は、女性誌『VOCE』の取材にて『いろいろと調べた結果オレゴン州のポートランドに決めました』と明かしていました。こちらのポートランドには日本人留学生も少なくないのですが、大島は留学中にはあえて別名で通していたそうで、自分の存在を隠し通せていたようですね」

 大島は留学中、街も人も自然も気持ちがよく、本当に充実した日々を送ることができたという。どうやら彼女にとって1年間の留学は、実り多かったようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
山本舞香、鈴木福くんの前で見せた“バスト渓谷見せ”過激衣装の賛否!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
4
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
5
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”