社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<咳喘息>「中高年の間で急増。雨や長電話が引き金に」

 会社員のBさんは風邪が完治したにもかかわらず、2週間以上、咳が止まらなかった。そこで、近くの耳鼻科を受診した。

医師「どんな咳が続いていますか」

Bさん「空咳が続いています」

医師「咳に痰が絡んでいますか」

Bさん「痰は出ていません」

医師「発熱症状は」

Bさん「平熱です」

医師「どんな時に咳は出ますか」

Bさん「夜中や朝方に多いです。長話をした際、喉がかれたりもします」

 胸部レントゲン検査や肺活量検査も受けたが、異常なし。医師の診断は「咳喘息」だった。

 近年、中高年の患者が増えている「咳喘息」は咳が出るものの、呼吸はさほど苦しくなく、ヒューヒューといった喘鳴音が出ない、喘息の前段階の状態だ。冷気や雨、タバコの煙、長電話、寒暖差がきっかけで咳が出る。時間的には早朝や布団に入った直後は特に注意が必要だ。

 花粉症やアトピー性皮膚炎などを持つ人がなりやすく、ハウスダストやカビ、ダニなどが原因で発症することもある。

 一方、「喘息」は、呼吸がかなり苦しくなり、ヒューヒューと喘鳴音が鳴るのが特徴だ。

「咳喘息」を放置すると、こうした本格的な喘息に移行してしまうことがあるので、早めの治療が必要になってくる。

 発作が起こった際には、アレルギーの炎症を抑える吸入ステロイド薬を使用するのが一般的。医師に指示された回数を守って使用すれば、3~4日程度で症状の改善が見られることが多い。

 吸入薬は症状がよくなっても、自己判断で中止せず、医師の指示に従うことが重要だ。

 2週間以上咳が続いたら、早めに専門医(呼吸器科・アレルギー科・耳鼻咽喉科)の受診を心がけて。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広島カープ「次の監督決定」秒読み!「アライさん」を支える「名参謀」入閣情報
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
松本伊代、それでもヒロミを選んだ“アイドル時代”群がった男たちの「接近手段」
4
衝撃発覚!あの紅白歌手に楽曲を提供した「薬物作曲家」の逮捕劇
5
安田美沙子、「感動の出産シーン」と真逆の“汚部屋”公開に“不衛生”非難が!