芸能

藤原紀香はやはり鉄道ファン!乗り鉄であることが「松本訪問」報告で“確定”

 かねてから鉄道好き女子“鉄子”疑惑が持ち上がっていた藤原紀香。最新のブログで、それが真実であることが判明したとして鉄道ファンの注目を集めている。

 そもそも鉄子疑惑はどこから生まれたのか。

「紀香さんがブログでE2系新幹線『やまびこ』に乗って仙台に行ったことから、疑惑がささやかれるようになりました。仙台まで行くのであれば、E5系新幹線『はやぶさ』に乗ったほうが便利なのに、紀香さんはわざわざ『やまびこ』に乗ったんです。理由はE2系のほうが窓が大きく、乗って楽しいからではないかと言われています」(鉄道ライター)

 そして今回、7月2日のブログで紀香は長野県松本市を訪れたことを報告し、〈あずさに乗ってたどり着きましたが、窓が大きくてよかった!〉と記している。

「特急あずさは現在、E353系で運用されています。このE353系はあずさのためだけに開発された新しい車両で、車内は快適そのもの。新幹線と比べると窓が大きく、中央線沿線の景色を楽しめます。それに気づいてわざわざブログに書くということは、紀香さんはもう鉄子認定していいのでないでしょうか」(前出・鉄道ライター)

 さらに紀香はあずさについて〈2号ではありませんでした(笑)〉とも書いている。これは狩人の大ヒット曲「あずさ2号」にかけたのだろう。

「歌に登場するあずさ2号は歌詞から下り列車であることがわかりますが、現在、下りのあずさ2号はありません。下りは1号、3号、5号と奇数番号が、上りは2号、4号と偶数が割り振られるからです。ところが、以前は上りと下り、それぞれに1号、2号、3号と割り振られていたので、下りの『あずさ2号』かありました。78年10月のダイヤ改正で現在のルールに変わっています。もし紀香さんがこれを知っていたらかなりの鉄道好きだと思うのですが…」(前出・鉄道ライター)

 自身の仕事に加え、夫である片岡愛之助の公演で日本中を旅している藤原紀香。結果、鉄子になったとしてもなんら不思議はなさそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
2
東出昌大、「不貞を笑いに変えた袴田&原田のようにはなれない」最大理由!
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
「知らなくていいコト」、重岡大毅の“闇深演技”にドン引きの声も興味爆増!?
5
やることがイケメン過ぎ! King Gnu井口理に日向坂46ファンから感謝の声殺到