芸能

ビートたけしの名言集「楽屋のテレビに映る人に次々とツッコミ」

「なんだ、久々に見たら昔のメンコみたいな顔してんな」

 7月中旬、毎週土曜22時からの生放送「新・情報7daysニュースキャスター」のため、20時過ぎに楽屋へ入った殿は、楽屋のテレビに映し出された生放送の音楽番組の中で、某ベテランポップ歌手が歌っている姿を見ると、笑いながら冒頭のツッコミを炸裂させたのです。ちなみに「昔のメンコみたい顔」とは、メンコみたいな形をした顔ではなく、メンコの中に漫画で描かれていた「郷愁を誘うイラストチックな戦後貧しかった頃の子供の顔」を指しています。で、この日の殿は、次から次へと入れ代わり立ち代わり現れては熱唱する、テレビの中のアイドルやバンド、ミュージシャンに対し、

「なんか角川博みたいな顔してんな」

「こいつ老けたな~。潰れかけた麻雀屋のオヤジみてーな顔してんな」

「こいつはしつこいセックスしそうだな~」

 等々、楽屋というプライべートな空間であることをいいことに、リミッターを切った、濃度の濃い“毒ガス見立てのツッコミ”を乱発していました。わたくし、楽屋での殿との過ごし方で、一番好きなパターンがこの、殿がテレビに映る人を軒並みツッコむ瞬間です。

 以前、やはり楽屋にて殿とテレビを見ていると、高校生の男子が新体操を頑張る青春ドラマが放送されていたことがありました。この時、テレビ画面を10秒程見た殿は、

「なんだ、男の新体操か?」

 と、まずは軽くオーソドックスな疑問を口にすると、すかさず、

「揃ってモッコリなパンツはいちゃって、何やってんだ!」

 と、画面の中のイケメン俳優たちの、ぴっちりムチムチな新体操ユニホーム姿をいじると、そこから先は、ここに記すのもはばかられるほどの毒ガスツッコミを、時間の許す限り画面に向かって入れまくっていました。ただ、殿はそのドラマを何だかんだ言って気に入っていたようで、次の週の同じ時間に楽屋に入った殿は、

「なんだ、今日はあの新体操のドラマやってねーのか? ちきしょ、残念だな」

 と、たまたま特番で放送のなかったそのドラマを欲したのです。この時、わたくしが「殿は何だかんだ言って、あのドラマ好きですもんね」と水を向けると、

「もうあのドラマ見ないと、寝れない体になっちまったよ」

 と、ノリノリで答えていました。とにかく、決して自分からドラマや歌番組を見ることのない殿が、そういったジャンルの番組に偶然遭遇すると、実に見事な毒ガスが噴射されるため、やや極端な言い回しになりますが“殿の毒ガスに触れたくて弟子になったようなもの”な、わたくしには、たまらない瞬間なのです。

 最後に、こちらの連載でも以前書いていますが、殿がテレビの中のタレントに向かってツッコんだ言葉ベスト1は、わたくし的に、「こいつはチンポでかそうだな~」になります。はい。

ビートたけしが責任編集長を務める有料ネットマガジン「お笑いKGB」好評配信中!

http://www.owarai-kgb.jp/

◆プロフィール アル北郷(ある・きたごう) 95年、ビートたけしに弟子入り。08年、「アキレスと亀」にて「東スポ映画大賞新人賞」受賞。現在、TBS系「新・情報7daysニュースキャスター」ブレーンなど多方面で活躍中。本連載の単行本「たけし金言集~あるいは資料として現代北野武秘語録」も絶賛発売中!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大久保博元が明かした巨人大失敗の内情…原辰徳前監督は「常に無茶振りばっかり」
2
中田英寿が中村俊輔の引退試合に出場しなかった理由を盟友・城彰二が告白
3
大谷翔平の結婚相手特定に「元バスケ選手」急浮上…「キャンプ地で見守る女性」衝撃動画
4
ベタ惚れ「錦鯉・渡辺隆+大島由香里」まさかのカップル誕生に涙する「あの女芸人」
5
中日ドラゴンズを低迷させた「タニマチと夜の活動」「儲かるゴルフコンペ」選手をダメにする文化