芸能

NHKをぶっ壊すのは、爆笑問題・太田光のほうだった!?

 NHKから国民を守る党(N国党)党首の立花孝志参院議員が9月9日、警視庁による任意聴取に応じたことを明かした。立花党首は元N国党の東京・中央区議に危害を加える旨の動画をYouTubeで公開したとして、警察から事情を聞かれたもの。

 その事情聴取に真っ先に反応した芸能人の一人が、爆笑問題の太田光だったという。太田は10日深夜放送のラジオ番組「JUNK 爆笑問題カーボーイ」(TBSラジオ)にてこの話題に触れ、「立花はしょっぴかれちゃうしさ。あいつも何やってんだ。ドジ踏んでんじゃねえぞ、この野郎!」と咆哮。番組終盤には「やけは起こすなよ。捨て鉢になっちゃだめだよ」と立花党首へのメッセージを伝えていた。その太田と立花党首の関係について、週刊誌記者が語る。

「立花党首がマツコ・デラックスを相手に抗議行動を起こした際、太田はその行動を厳しく糾弾。みずからのラジオでも『おい立花ぁ!』とケンカ腰を見せていました。その挑発に当初は『数字を持っていない人に反論する時間がない』と反発していた立花党首ですが、太田のほうが2歳年上だと分かると態度がコロッと変わり、『発言に愛情を感じている』とまで言うように。いまだに二人の対面は実現していませんが、電波を通して丁々発止のやり取りを続ける姿は、おたがいに尊敬や愛情を抱いているようにも見えます」

 そんな太田に対してファンからは〈立花へのラブコールだ!〉といった見方が続出。いまや二人の絡みがどこまで発展するのかに期待感すら高まっているようだ。はたして太田の狙いは何なのか。その真意を人気爆発中の講談師が見抜いたというのである。

「講談師の神田松之丞は8月30日放送のラジオ番組『問わず語りの松之丞』において、太田には『誰も手を付けていない物件に行くしかないという謎の使命感』があるとその行動原理を説明。なんでも取り込んでいくことで延命し続けるテレビの象徴が太田だと喝破しました。立花党首については太田が『コイツはテレビ的に使える』と判断していると指摘。爆弾的な存在ではあるものの、フグも毒を取ればおいしく食べられるように、太田が立花党首の毒を上手く取り除くつもりだろうと語ったのです」(前出・週刊誌記者)

 その松之丞は講談界の若きホープにして、太田の所属事務所・タイタンの主催ライブにも出演しており、太田のことをよく知る人物だ。そして番組では、太田がこんな仰天プランを持っているのではと語っていたという。週刊誌記者が続ける。

「松之丞は、タイタン入りした立花党首がNHKで冠番組を持つのではと予想。そのタイトルがずばり『NHKをぶっ壊す!』であり、それが実現したらNHKもすごいと評していました。たしかに太田であれば、そこまでとんでもないプランを持っていても不思議はなさそう。松之丞いわく《テレビが死んでない象徴》という太田ですが、だからこそNHKに対しても『NHKをぶっ壊す!』という番組を提案できる発想力や実行力を持っているのかもしれません」

 松之丞によると太田の理念は「テレビっていうのは巻き込んでいくもの」とのこと。立花党首をNHKの番組に巻き込むことが実現できれば、テレビのすごさを象徴する出来事になるのは間違いなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、止まらぬ視聴率低下に「色香担当が不在」「脚本家の問題」指摘!
2
ついに「旅バラ」終了!ホントの原因は太川陽介か蛭子能収か?
3
人気モデル・松島花の“若気の至り”告白に「クズすぎる」批判が殺到!
4
「時効警察」視聴率低迷の“戦犯”に吉岡里帆の名前が挙がり始めた窮地!
5
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」