芸能

「女子アナノーベル賞」無断授賞式(3)村上春樹は田中みな実を見習え?

【医学生理学賞】

 有働由美子はみずからの体を実験台に、独自の「ワキ汗論」を展開している。

「自著『ウドウロク』(新潮文庫)での〈ワキ汗は私の看板なの〉と開き直りとも取れる自論が潔かった」(織田委員)

 さらに、意外なところで名乗りを上げたのは鎌倉千秋アナである。

「担当した『NEWS WEB』で男性の不妊治療を扱った際に鎌倉の思わぬ発言が。『精子を何日もためない』や『古い精子が新しいものを攻撃する』など『精子発言』を繰り返していた。しかも『1週間に3回から4回がいいそうなんです』と具体的な発射回数にまで言及した発言には、思わず奮い立ってしまいました」(丸山委員)

 とはいえ、満場一致の票を集めたのは、コンドーム写真を流出させた夏目三久だった。

「最近は避妊をしない若者が増えているが、あの流出写真で女子アナもコンドームを使ってセーフセックスをしていることをアピール。〈持たず・作らず・持ち込ませず〉の『非核三原則』に代わり、〈モタモタせず・付ける・中出ししない〉の『避妊三原則』のシンボルとなった。今後は『コンドーム特使』として付け方を教えてほしい」(尾谷委員)

 3年前の妊娠騒動は、メディアがヌイたデマだったのだろう。

【文学賞】

 最後は、川端康成、大江健三郎、カズオ・イシグロに続く文学女子の功績を讃えたい。

「東京ドームのジャイアンツ戦で太め残りのチアダンスを繰り広げた尾崎里紗アナは『ケツの踊子賞』、みのもんたから番組中に尻タッチを受けた吉田明世は『わたしの尻を離さないで特別賞』に推します」(丸山委員)

 これらの純文学に対抗し、耽美派の田中みな実が逆襲をかける。

「極太ソーセージを『黒~い、太~い』と食したばかりか、『ほとんど体毛がない』など、女子アナにしてここまで言う! という領域まで踏み込んだ言葉のセンスにグイグイ引き込まれます。毎年受賞候補に挙がる村上春樹氏は田中を見習うべきかも。授賞式ではさらにエグい発言をしてくれそうで気分が高まります」(尾谷委員)

 み~んなのみな実の官能ワードが世界文学をアッパレ制覇した‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
太川陽介「路線バス陣取り合戦」、川崎麻世が2回目で外されたワケとは?
4
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
5
松井玲奈、鉄道愛熱弁も「スカートから肌着丸っと見え」疑惑でネット騒然!