女子アナ

テレ東・森香澄、「欅坂46の楽曲熱唱&ガチダンス」の“上下激揺れ部位”に騒然

 歌声も素晴らしいが、そのボディも極上モノ!?

 テレビ東京の新人・森香澄アナが、10月22日に放送された同局のバラエティ番組「世界77億人に発信! 内村のツボる動画大賞」にて、“歌うまアナ”として紹介され、注目を集めている。

 同番組の「ツボる歌うま動画」のコーナーで、全国にいる“歌うま素人さん”たちを特集しているが、テレ東アナ代表の歌うま素人さんとして取り上げられたのが森アナだった。

 森アナは番組内で欅坂46のデビュー曲「サイレントマジョリティー」を歌唱しているが、こちらが紹介の通り、なかなかの歌唱力だった。

「変に気取っていないまっすぐで癖のない発声、声量もあって純粋に聞き取りやすく、万人ウケする歌声といえるでしょう。なんでも、基本的に週に2回、多い時には4回もカラオケに行くほど、カラオケが大好きなようで、テレ東アナウンサー公式サイトのプロフィールの『自慢したいこと』の欄には『カラオケで97.4点を出しました』と書かれていましたね」(エンタメ誌ライター)

 また、同日にYouTubeでは「サイレントマジョリティー」のフルバージョンに加え、あいみょんの「マリーゴールド」を熱唱する動画がアップされているが、特に「サイレントマジョリティー」のフル動画が大反響となっているようだ。

「歌唱動画は録音ブースでの歌唱シーンに加え、ソファーにアーティストっぽく座ったり、アナウンス室や食堂でサビのダンスを披露したりと、ミュージックビデオ風に仕上がっていました。最近はアイドルのダンスを完コピすることが趣味だとあって、ダンスもキレキレ。さらに、実は隠れ爆裂バストとして知られていることもあって、ダンスシーンではバストが勢いよく上下に揺れていたこともあって、男性視聴者からは『胸ばかり見てしまう』といった喜びの声が上がっていました」(前出・エンタメ誌ライター)

 そんな森アナはカラオケ番組「THE カラオケ★バトル」の代打MCに、13日放送から抜擢されている。

 同期入社の女子アナ3人の中ではバラエティ番組「モヤモヤさまぁ~ず2」のアシスタントに抜擢された田中瞳アナが一歩リードしている感じもあったが、今後は森アナの時代も到来か!?

(本多ヒロシ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川藤幸三が阪神×ヤクルト戦解説「実況アナをブチ切れ恫喝」に退場勧告
2
ベルーナドームは過酷すぎる…西武「札幌移転」再燃で「ゼロからチームを作り直せ」ファンの懇願
3
救急車出動!広島マツダスタジアム「球場観戦離れ」が進む「地獄のデーゲーム」
4
西武が狙う「3度目の駆け込みトレード」高レベルの投手をヤクルトに放出して打てる野手を…
5
大宮アルディージャから「バロンドール」候補入りか!J3独走でアンチだらけのFW杉本健勇がついに覚醒