スポーツ

松井秀喜「巨人監督強要ウラ交渉」(2)極秘会談の席でオファーを…

 渡辺会長、森氏双方の思惑が合致し、本人の知らぬ間に包囲網は進んでいく。

「何より松井の恩師であり、国民的スターのミスターと一緒にと言われれば、国民栄誉賞を断ることなどできません。受賞はきわめて誇らしいものですが、やり方としては足元を見られた、ある意味、屈辱的な強要ですね。授与式は通常、総理官邸でやるもの。王貞治氏、衣笠祥雄氏、高橋尚子氏、なでしこジャパンといったスポーツ選手たちも皆、官邸で受けた。競技場でやるなんてことは過去にありません。これも渡辺会長が仕組んだ遠大な囲い込みプランの一部でした」(スポーツ紙デスク)

 読売と巨人は、セレモニー出席のために一時帰国する松井氏に渡辺会長との面会、挨拶に臨んでもらい、握手をするなごやかな光景をマスコミに撮影させたいと考えた。そして「ナベツネ・松井極秘会談」がセッティングされる─。前出・読売グループ関係者が語る。

「円満をアピールしようとしたのは、『松井監督』に向けての最大の障壁が、ほかならぬ松井本人にあるとわかっていたからです。関係をどうにか修復し、再び巨人のユニホームを着てもらう。そして極秘会談でのオファーは『来季から原監督の下でヘッドコーチをやってもらいたい。かつてミスターの下で原監督がそうであったように。あるいは巨人の提携先球団、ヤンキースにコーチ留学するか。いずれ監督になってもらうから』と‥‥」

 事実、巨人と松井氏の間は長らく大きな確執で分断されており、暗躍する森氏が介在しての読売サイドからの監督強要を伝え聞いた松井氏は、難色を示していたという。

 この確執の詳細を、前出のデスクが明かす。

「まず、ヤンキースにFA移籍する02年のユニホーム胸ロゴ騒動。巨人はビジター用ユニホームのロゴを『TOKYO』から『YOMIURI』に変えた。『巨人軍は読売新聞のためにあるのではない。ファンのものである。球団は親会社の宣伝媒体だったけど、野球界が成熟してきた現在、状況は変わった』との意見を持っていた松井の、やや批判的な談話を読売系列のスポーツ報知の担当記者が記事にしました。渡辺会長はこれに激怒。さらに松井のFA流出を止められなかったことも関係してか、この担当記者とデスクは巨人担当を外れ、異動となりました」

 この時の担当記者は、のちに松井氏とともにメジャーへ渡り、広報担当として行動を共にする広岡勲氏。松井氏が厚い信頼を置くブレーンだった。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
土田晃之、「バイキング」の進行を止めてまで固執した“大失笑”発言とは?
2
「パラサイト」地上波放送、夫婦の「胸の突起コリコリ」シーンにお茶の間が激怒!
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
千原ジュニア、旅番組「地元の人との会話」で“口にできない悪印象”が判明!?
5
桐谷美玲、「バスト巨大化」噂は本当だった!?“豊かすぎバストライン”に騒然