スポーツ

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「今年最高の状態ワグネリアン◎」

 今週はジャパンCがメイン。来年で40回目になるが、その節目を前にした今年、外国馬の参戦が初めて見られなかった。いくら「招待競走」とはいえ、「うまみ」がなくなったことが、外国馬が敬遠する第一の理由に挙げられるだろう。

 簡単に言えば、日本馬の質の向上である。どんなスポーツであれ、アウェイはやはり厳しいのだ。

 それに我が国は、動物検疫にことのほか厳しい。競馬開催国のほとんどは、当該競馬場に隣接する、しかるべき施設で検疫を済ませることができる。しかし日本では、それができないのだ。であれば当然、調子を維持するうえで差が出てくる。

 それでも以前は、互角以上に渡り合える力が外国馬にあったが、今の日本馬の質は欧米並みの国際レベルにある。外国馬に無理を強いるはずはあるまい。

 第二は時期的な問題だ。ブリーダーズC(米国)と香港国際競走のハザマにあるジャパンCは、第一の理由もあり、「うまみ」のあるレースでなくなったのだ。

 こうしたことから、「招待競走」にする必要もなくなっているのが、このジャパンCなのである。あとは賞金を上げるとか、レース時期を変更するかだが、いずれにしても外国馬の参戦がなかった今回が、ジャパンCを見直す大きな契機になることは間違いない。

 さて、外国馬の参戦がない今年の顔ぶれはどうだろう。最強牝馬アーモンドアイは香港(香港C)へ、天皇賞・秋で6着に敗れた今年の皐月賞馬サートゥルナーリアは有馬記念直行で、なんとなく寂しい気がしなくもないが、それでもなかなかの好メンバーである。

 先日行われた天皇賞・秋ほどではないが、GI勝ち馬が5頭、それに準じる馬も少なくなく、見応えある厳しい競馬が見られること請け合いだ。

 過去のデータを見ると、このジャパンCに馬単が導入されて以降、これまでの17年間、その馬単での万馬券は4回(馬連は2回)。1、2番人気馬のワンツー決着は2回あるが、だからといって人気サイドの堅い決着が多いかというと、そうでもない。

 1番人気馬は6勝(2着3回)、2番人気馬はわずか1勝(2着4回)と、まずは中穴傾向のGI戦と見るべきだろう。しかも超一流馬アーモンドアイや外国馬の名がないのだから、見応えある一戦が期待できると同時に、馬券的にもおもしろく、やや波乱含みと言っていいだろう。

 穴党としてもそう見たいところで、人気どころの一角を中心に据え、そこから人気薄へと流してみたいと思っている。

 最も期待を寄せたいのは、ワグネリアンである。

 周知のように昨年のダービー馬だが、続く神戸新聞杯を勝ったあと、体調を崩してしまった。6カ月の休み明けとなった大阪杯は、期待されながら3着。再び4カ月半休んだあとの札幌記念は4着、そして先日の天皇賞・秋は5着と、人気ほどの走りは見せてくれていない。

 そこがツケメだが、前走の天皇賞・秋は、体重が10キロ減。やや落ち着きを欠いており、本来の姿になかった。勝ったアーモンドアイには完敗したが、2着ダノンプレミアムとはコンマ1秒差。流れが不向きだったことを思うと、やはり評価せざるをえない。

 この秋、一度使われたことで中間は大幅良化。1週前の追い切りも軽快で、実に雰囲気がいい。

「馬体がふっくらとして、稽古の動きもよく、今年最もいい状態」とは、友道調教師の弁。勝ったダービーと同じ舞台の競馬で、ジャパンCで最も実績を残す4歳馬でもある。

 祖母ブロードアピールは重賞6勝の活躍馬で、スートラ(GIフリゼットS)、コロニアルウォーターズ(GIジョンA・モリスH)など近親、一族に活躍馬が多くいる良血。

 当然ながら、再度頂点に立っていい馬である。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
2
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
3
永島優美、仕事とプライベートの充実ぶりで隠しきれない爆裂バストの“張り”
4
太川陽介のバス旅を超える?復活が待望される「テレ東旅番組」はこんなにある!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々