芸能

吉高由里子“視聴率二ケタ”に燃える新ドラマ「知らなくていいコト」の初回評判

 1月8日からスタートした、女優・吉高由里子主演のお仕事系ヒューマンドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)が、話題を呼んでいる。吉高の主演は、昨年の春クール「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)以来だが、放送前からネット上でも《今クールの大本命》といったコメントも見られていた。

 テレビ誌ライターがこう話す。

「初回視聴率は9.4%と、まずまずの出だしでしょう。『わた定』の全話の平均視聴率は二ケタを割っていたため、吉高としても相当の気合いが入っている。当初の北川景子へのオファーが成り立たず、吉高にお鉢が回ってきた、という話も聞きますし、制作側としても何とか人気ドラマにしたいのは必至のようです」

 初回の事前の告知では、出版社内の週刊誌「週刊イースト」編集部で働く真壁ケイト(吉高)が、母である真壁杏南(秋吉久美子)の死ぬ間際に、キアヌ・リーブスが父親である、と聞かされたことに端を発して、自分がスクープされる立場にあることを知ってしまう、というようなものだったが…。

「ネットでも《1話から展開すごい》《推理系のドラマだったのか》などの声が出ていましたが、初回から大どんでん返しの連続でしたね。杏南とキアヌ・リーブスとが一緒に写っている写真が遺品の中から出てはきました。が、そこからストーリーは思わぬ方向に展開します。波乱含みの内容にミステリー色が絡まり、まずは視聴者の好奇心を注ぐことに成功しているようです」(前出・テレビ誌ライター)

 脚本はベテランの大石静氏の完全オリジナルなだけに、今後、どんな展開が待ち受けているのか今のところは予想しがたい。ハリウッドスターのキアヌ・リーブス本人が今後このドラマに登場するのかについても、ネット上などで大いに盛り上がっている。果たして尻上がりに視聴率が上昇するパターンにはまるか、今後が見ものだ。(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆「先っちょ咥え込み写真」が“アレにしか見えない”大興奮の声!
2
さらば森田「ギャラ未払いの超人気バラエティ番組」告発で飛び交う憶測!
3
工藤静香 ネットに手料理写真でアンチの怒り爆発
4
森香澄、エース狙いの肌見せ率とVライン/女子アナバスト勢力図(2)テレ東
5
弘中綾香がはじけた!放送事故寸前“胸の奥見せ”と“ワンワン鳴き”