スポーツ

天才テリー伊藤対談「中西学」(1)気の抜けた試合をやったら新人以下

●ゲスト:中西学(なかにし・まなぶ) 1967年、京都府生まれ。専修大学時代に「全日本レスリング選手権大会」で4連覇。92年、バルセロナ五輪出場。同年8月「新日本プロレス」入門。「野人」の愛称を持ち、天山広吉・小島聡・永田裕志とともに「第三世代」と呼ばれ活躍した。2009年、棚橋弘至を撃破し、デビューから約16年半、6度目の挑戦で「IWGPヘビー級王座」初戴冠。10年にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演するなど、テレビでも活躍。11年、試合中にジャーマン・スープレックスを受け、選手生命の危機に立たされるが、12年に復帰。今年1月、引退を発表。2月22日、後楽園ホールにて引退試合が行われる。

 小細工なしのパワーファイトを信条にリングを大いに沸かせてきた、新日本プロレス「第三世代」メンバーの一人・中西学。今月22日に引退の花道を歩む「野人」が内に秘めたプロレスに対する熱い思い、飾らない素顔、そして今後の歩みを、天才テリーが徹底的に掘り下げる!

テリー いよいよ中西さんの引退試合が迫ってきましたね。多くのファンから愛された「野人」がいなくなるなんて、プロレス界が寂しくなりますよ。

中西 会見から本当にアッという間という感じです。2月22日の後楽園ホールが最後になります。

テリー 引退はいつから考えていたんですか。

中西 ここ2~3年です。もう昔みたいな熱い戦いができひんので。「寝たきりでもしゃあない」と言われたところから、奇跡的に復活できたけど、そこから伸びひんかったので、それが歯がゆかったです。

テリー やはり、11年の試合中に相手選手のジャーマン・スープレックスで首をケガ(中心性脊髄損傷)されたのが大きかったですか。

中西 あれは今でも申し訳なく思っています。自分の調整不足や練習不足で相手にも迷惑かけたし、長期離脱で会社にも迷惑をかけてしまいましたから‥‥。プロなのに、本当にどうしようもないですね。

テリー 卑下することはないのに、中西さんは自分に厳しい人だね。首の調子はどんな感じなんですか。

中西 前から、脊柱管という神経が入っている管が締めつけられる狭窄症にずっと悩まされていたんですけれど、その手術の時に管を広げてもらったんです。そやから、ホンマはもっと調子いいはずなんですが、やっぱりダメージが残っているんですよね。

テリー それでも、プロレスラーはリングに上がらなきゃいけない。しかも厳しいのは、試合中は痛めた首をかばうわけにもいかないし、相手は弱点であるそこを攻めてくる。これはキツいですよね。

中西 いえ、お金を払って見に来てくださるお客さんの前で試合をしている以上、甘っちょろいことは言うてられへんし、気の抜けた試合をやったらデビュー前の新人以下ですから。そやから鍛えて、痛めたところを硬く強くしようとやってきたんですが、運動能力もずいぶん落ちていましたので。

テリー 具体的には、どういう支障が。

中西 受け身がやっぱり痛いですね。体の柔軟性がなくなっているので、首にガツーンと衝撃がきます。

テリー 例えばドロップキックなんかをやると‥‥。

中西 ええ、ミサイルキックっていう、トップコーナーから飛んで相手にぶつける技があるんです。これをやって首から落ちてしまうと「これ、めっちゃ痛いわ!」と思ったりして。体をひねっておなかから落ちるというやり方もあるんですけれど、長年、背面で受け身を取ってきたので‥‥。

テリー なかなかそのクセが抜けない?

中西 ですね(苦笑)。他にもそういう不具合が出てきましたし、細かい動きもあんまりできんようになってきましたから、ここが潮時かと決意しました。

※対談日は引退試合前

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」