芸能

ブルゾンちえみ改め藤原史織、“新装”インスタ&動画に漂う「見切り発車」感!

 改名後、一発目の投稿は、意味不明な内容に終わったようだ。

 所属事務所から“円満退社”し、ブルゾンちえみから本名に改名した藤原史織が4月2日、藤原としての第一声をインスタグラムで発信。〈とりあえず Stay homeして 枯れ気味のネギ切ってるわ〉とのコメントとともにネギを手にした画像を掲載した。この投稿に、冷めた視線が送られているという。

「イタリア留学が新型コロナウイルス蔓延により延期された藤原ですが、文化人にシフトしたい様子が伝わってきますね。『Stay home』(家にいよう)を発信したのもその一端でしょう。しかしなぜネギを手にした画像なのか。芸人脱却を図っているのだとしても、笑いの要素が何もないネタをぶち込んでくるところに迷走ぶりが表れています。ネギの花言葉である“くじけない心”を暗喩しているのかもしれませんが、そうだとしたら、さすがにわかりづらすぎます」(芸能ライター)

 ネット民からは〈Stay homeして〉という一文に対し、動詞を重ねていることから文法的に間違っているとの指摘まで出た。些細なことのようだが、留学で箔をつけるつもりなら語学にもこだわりを持つべきかもしれない。

 一方では藤原は、4月4日に公式YouTubeチャンネルの「おしお ひとつまみチャンネル」を開設した。インスタグラムで告知したものの、そこで披露した“おしお”の字には、〈習字を習ったほうがいい〉とのコメントまで付く始末。

「そのYouTubeチャンネルですが、開設初日の登録者はわずか4000人あまり。初日の再生回数は1万回に届かないという爆死状態でスタート(4月8日現在で登録者7400人、再生回数3万回あまり)。内容も無駄に長いオープニング映像が邪魔っぽく、その後、室内でカメラに向かって一人語りが続きます。コロナ騒動が原因で、3月中に撮っておくはずだった動画が撮れなかったと言い訳をしつつ、自分の新しいニックネームをファンが寄せた候補の中から決めていくという内容ですが、どうにも見切り発車感は否めません。文化人になりたいのだとしたら、その方向性すら見誤っているのではないかと心配になってきます」(前出・芸能ライター)

 大ヒットした「35億」のネタは「奇跡だった」と言われないよう、インスタや動画で見られた「迷走ぶり」からの早い脱却を望みたいところだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」