芸能

嵐を巡って「コロナ禍」最中のテレビマンが頭を悩ませている「複雑事情」

 安倍晋三総理が「ここ1~2週間が極めて重要な時期」と全国一斉休校を決行して早2カ月が経過した。不要不急の外出自粛も徹底したとはいえないままに、コロナ感染者数の拡大が止まらないでいる。

 民放バラエティ番組・ディレクターが打ち明ける。

「石田純一、住吉美紀、赤江珠緒、テレ朝・富川悠太アナ、見えないコロナ禍の脅威は芸能界でも広まっています。テレビ局では、外部の来訪者の立ち入り禁止、局内各所に消毒液などを設置し、防疫対策を徹底。番組収録時も2mの『ソーシャルディスタンス』を保ち、タレントを自宅からモニター出演に変えるなど、可能な限り接触を避ける形で収録を行っています。とはいえ、何しろ不特定多数の関係者が局に集まるだけにどこまで封鎖できるのか」

 コロナ対策に追われるテレビ局では、3密そのもののドラマ収録が実行できず、すでに一部のドラマは延期を余儀なくされている。

「ドラマは過去の再放送などでしのぐことができるんですが、それよりも大問題となっているのが、年末で活動休止を発表した嵐をどんな形で出演させるかなんです。フィナーレはNHK紅白だとしても、各局レギュラー番組を持っているだけに、それぞれ集大成となるカウントダウン企画の準備を進めているところなんです」(前出・ディレクター)

 五輪が1年延期となるなら、五輪アンバサダーを務める嵐も休止を1年先送りにすれば問題なし、とはいかないのだという。

「年内でグループとしての活動を停止した後は、すでに映画、キャスター、バラエティ司会などソロ活動のプロジェクトが組まれている。休業を先延ばしにした場合、このソロ活動に支障をきたすことになるのです。それに長年のグループ活動での疲労も激しいと言われており、嵐と親しいスタッフは、『早くゆっくり休ませてあげたい』と同情しています」(前出・ディレクター)

 では、20年余走り続けたトップアイドルグループの「活動休止」の時期に変更はないのだろうか。

「ただ、観客を集めての休止前の全国ツアーはファンが強く望んでいる。コロナが終息し、ツアーが開けるようになるまで、休止を延期した場合も嵐サイドで、様々に検討されているんじゃないでしょうか」(前出・ディレクター)

 いずれにせよ、テレビマンたちが頭を悩ませる時期はまだしばらく続きそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
4
太川陽介のバス旅、次企画は「鬼ごっこ」!ライバルチームリーダーは誰だッ
5
本田真凜、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!