スポーツ

「復帰」マイク・タイソンの「希少な戦闘体勢」を渡嘉敷勝男が解説していた!

 ボクシング元世界ヘビー級統一王者のマイク・タイソン氏といえば、7月23日に、元世界4階級制覇王者のロイ・ジョーンズJr.氏と9月にアメリカで行われるエキシビションマッチの8回戦で15年ぶりに復帰することが明らかになったばかり。

 そのタイソン氏のスタイル(構え)としてよく知られる、両腕を顔の前でそろえる「ピーカブースタイル」。特徴は上半身の筋力に優れ、低い姿勢から突進する、まるで猛牛のようなファイターに向いたスタイルだ。ボクシング漫画ファンなら1989年から週刊少年マガジンで長期連載されている人気漫画「はじめの一歩」の主人公、幕之内一歩のスタイルを浮かべる方も多いのではないだろうか?

 しかし、このピーカブースタイルを取るボクサーはタイソン以外あまりお目にかかることがない…。

 元WBA世界ライトフライ級王者・渡嘉敷勝男氏がみずからのYouTubeチャンネル〈「渡嘉敷勝男公式」トカちゃんねる〉、7月21日投稿回でその理由について言及していた。

 この回は視聴者の質問に渡嘉敷氏が答える内容で、その中に〈なぜ、マイクタイソンのピーカブースタイルは使い手が少ないのですか?〉との質問があった。

「あれはヘビー級だからできたと思うんですよね」と渡嘉敷氏。何でも、このスタイルは「前に、前に」と、危険も顧みず打たれても打つといった相打ち狙いのファイターに向いたスタイルだと解説、今は技術を使うボクサーが多いため、足で捌かれる、ジャブでいなされるなど、スピード勝負の軽中量級には向いておらず、ヘビー級だからできたのだろうと語った。

 先述の漫画「はじめの一歩」に話を戻すが、作中、一歩は打たれすぎが災いしてパンチドランカーの疑いもあって、早々に引退している。打たれても打ち返す姿は人を熱狂させるが、引退を早めるばかりか後遺症を残す原因にもなる。渡嘉敷氏の話を聞いて、タイソンだからできたのであり、実際のボクシング界では「現実的ではない」構えなのかもしれないと思い知らされた。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
明石家さんま「木村拓哉以外とは会ってない」SMAPとの溝を作った決定的発言
2
挿入から行為後まで…真木よう子が公開した疑惑の写真に「これは完全にヤッてるな」
3
「バスVS鉄道」なのに「歩きまくり20キロ超」太川陽介が顔をゆがめた「難対決」再び!
4
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
5
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」