芸能

「魔性の美女アナ6人」“色香”秘聞録(3)TBS・江藤愛は女子アナ界随一の『男たらし』

 フジテレビ・鈴木唯アナ(26)は、「モテないアピール」を炸裂させ、男心を大いに惑わせていた。フジテレビ局員の証言。

「このところ、鈴木アナは口を開けば、堤礼実アナ(26)や久慈暁子アナ(26)ら同僚が次々とプロ野球選手との熱愛に発展していることを羨む言葉ばかりが出てくるんです」

 幸せな同僚を引き合いに、逆にみずからの「フリーぶり」を強調しているというのだ。

「鈴木アナいわく『私はまったくモテない』『モテてる人と何が違うのかわからない』と、フリー状態を猛アピール。男性スタッフに『どうしたらモテますか』と恋愛相談を持ちかけ、『つきあえる可能性がある』ことを意識させるんです。これはお決まりのやり取りとなっていて、『オイシイ仕事を獲得するための巧妙な手口なのでは』との見方も出始めました」(フジテレビ局員)

 他方、「ギャップの威力」で男の下半身をワシづかみにしているのが、TBS・江藤愛アナ(34)である。構成作家が明かす。

「控えめで、おとなしそうな見た目に反し、江藤アナの『男たらし』ぶりは女子アナ界随一なんですよ。ああ見えて、実はものすごく社交的。TBS女子アナの中でも『いちばんモテるのは江藤』と言われるほどで、本人もその理由を自覚している。『大学在学中に1000人に告白された』との伝説を持ち、『電話で呼べばすぐ来る男が100人いる』と言われています。江藤アナ自身は『近寄りがたくない外見だからでは』と、魔性フェロモンを分析し、ギャップの威力に気づいているんですよ」

「NHKのリンダ」こと林田理沙アナ(30)は知ってか知らずか、数多くの同僚に恋心を抱かせていた。

「今、東京放送局で最も男性スタッフの気を引いているのが林田アナ。とりわけ、下っ端のスタッフがことごとく彼女に惚れてしまっていて‥‥」

 そう話すNHK関係者によれば、その背景にあるのは彼女の熱心な仕事ぶりだといい、

「18年4月に東京に異動してきて以降、彼女は極端なほど熱心に仕事に打ち込んでいます。現場では立場の弱いADにも自分から声をかけ、『直したほうがいいところはありませんか』とアドバイスを求めてくる。その結果、『彼女はオレに気があるのでは』と思い込み、興奮状態に陥るスタッフが続出している、というわけなのです」

 なんとなく‥‥の自然な行動が男を引き寄せる。これぞ魔性の素養十分か!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
2
「孤独のグルメ」見た勘違いドライバーが続出!猛烈寒波の北海道での「観光地獄」
3
「授かり婚」土屋太鳳にドラマ現場から「しばらく戻ってこなくていい」の声が出る理由
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
ウクライナ軍の「大規模奪還作戦」3月開始が判明!でもロシアに「勝ちすぎて」プーチンがヤバイ行動に…