事件

タワマン強盗事件、「news zero」が被害者の現役人気艶系女優を無名扱い!

 東京・目黒区のタワーマンションで10月26日、女性宅に宅配便業者を装った強盗が押し入り、現金600万円を奪っていった事件。すでに犯人の少年3人は逮捕されたが、その事件を報じるニュース番組に違和感を覚えた人が少なからずいたようだ。

 それは、10月27日放送の「news zero」(日本テレビ系)。同番組では被害者に直撃取材を行い、本人が顔出しで出演し、約4分半の映像では半分ほどが被害者自身による状況説明となっていた。ところが、この被害者である里美ゆりあはデビュー12年目の艶系女優で、2011~2013年には恵比寿マスカッツの一員としてバラエティ番組にレギュラー出演していたこともある有名人なのだ。その場面についてテレビ誌ライターが指摘する。

「番組では一貫して『タワーマンションに住む強盗の被害者(30代)』との肩書で紹介。途中で彼女が艶っぽさを売りにした“タレント”だったという内容の説明こそあったものの、ついぞ実名を出すことはなく、あくまで“一般人”扱いだったのです。しかし里美の名前はすでにスポーツ紙の記事で公表されており、Yahoo!ニュースにも掲載。被害者が里美であることをかなり多くの人が認識できる状態であるにもかかわらず、かたくなに名前を隠し続けたような形になっているわけです」

 なぜ「news zero」では里美の名前を隠し続けたのか。もし売名行為的なことに加担したことになるのを避けたのであれば、そもそも本人ご登場で犯行の様子を根掘り葉掘り聞きだす映像自体が不適切にも思えてくる。

「彼女が一般の女優だったら何の問題もなく実名を出していたはず。結局、艶系女優だから名前を伏せたということなんじゃないでしょうか。しかしそういう番組方針なのであれば、本人に取材した映像を使うのは都合が良すぎるというもの。被害者本人が登場というオイシイ画だけを使い、名前のほうは謎の基準で伏せる。そうだとしたら、まさにダブルスタンダードであり、職業差別的な感覚もにじみ出ていると感じる視聴者も多かったのではないでしょうか」(前出・テレビ誌ライター)

 元や現役を問わず、艶系女優が地上波の番組に出演するケースは珍しくなくなっているが、こと報道番組関してはまだ“謎の壁”が存在しているようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 事件   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫