女子アナ

宇垣美里、「希少」レギュラー番組でファンを落胆させた“バスト封じ事件”

 元TBSでフリーアナウンサーの宇垣美里が、女子アナファンをがっかりさせる一幕があった。

 宇垣はBS日テレの「あの子は漫画を読まない」にレギュラー出演している。同番組は同じくレギュラーのハライチ岩井勇気らと今、最もおもしろい漫画を語りあうという“コミックバラエティー”で、趣味が漫画やアニメの宇垣にはうってつけの内容なのだが、そこでの衣装があまりに控えめだというのだ。

「昨今は肌見せ度が少ない首元までのガッチリ衣装が多い宇垣なのですが、この番組では9月15日の放送で、珍しく胸元がVの字に深く切れ込んだワンピースを着ていたんです。その際、笑って屈みこむたびに推定D~Gカップとも言われるバストの渓谷がたびたび披露され、ファンを喜ばせていたんです。番組は数本まとめ撮りをしているようで、その後も宇垣は同じ衣装で登場。数週にわたってネット上を大盛り上がりにさせていたのですが、10月20日放送分では、ワンピースの下に着ているシャツの胸元がしっかりと両面テープで固定され、渓谷部分は完全に封じられていたようなんです」(ネットウオッチャー)

 この突如のガード具合が、男性視聴者を落胆させたことは言うまでもない。

「もちろん、現場スタッフによる処置である可能性もありますが、《なんで急に両面テープ…ガッカリだわ》《宇垣ももう少しアピールすればいいのに》といった声が出ていましたね。宇垣は昨年3月末でTBSを退社以降、フリーとして最初こそ話題になりましたが、今は地上波テレビでほぼ見られなくなり、その原因は我が強い性格がネガティブにとられたためとも言われています。しかし、美貌とスペシャルなボディの持ち主であることは間違いなく、多くのファンが“もったいない”との思いを抱いているのかもしれません」(女子アナウオッチャー)

 ご本人は、そうした面をこの番組でアピールする形になるのは本意ではないという思いかもしれないが、時には“サービス”してほしいものである。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!