スポーツ

プロ野球「今季で引退」大物選手サヨナラ場外スクープ!(2) 山崎武司

20131017b

 27年という現役生活を終えたのは、中日の山崎武司(44)。野村克也、星野仙一といった名将の下でプレーし、卓越した野球理論を身につけた。さらに人望の厚さが球団から高く評価されており、早くも中日の将来的な監督候補としてあがっている。

 そんな山崎も、かつては監督とたびたび衝突した。中日では山田久志監督時代、出場機会の少なさに不満を募らせ、険悪な関係に。ついにはトレードを志願した。

「オリックス時代は、伊原春樹監督から二軍落ちを言い渡されて、監督室にどなり込んだこともありました。結果、監督室にバットを放り投げただけでなく、その日の試合までボイコット。この頃の山崎は、人間的に未熟でした」(スポーツライター)

 後年、山崎は雑誌のインタビューで、この2人を「相性が最悪の監督だった」と回想している。

 そんな山崎が変わったのは、オリックスを戦力外となり、楽天に拾われてから。田尾安志監督から打撃理論を吸収し、野村監督からは配球の読み方、狙い球のしぼり方や野球哲学を学んだ。とりわけ野村氏の影響は大きく、07年に43本を放って2度目の本塁打王に輝くと、09年には40歳にして39本塁打を記録し、完全に開花した。そんな山崎の野球人生を暗転させたのが、楽天・星野監督誕生だった。楽天担当記者が明かす。

「星野監督は、自分の後任として山崎が最有力になっていることを知っていた。みずからが退いたあとも影響力を残したかったんでしょう。球団にたびたび『山崎はもうダメだ』などと報告し、退団の方向へ舵を切らせたのです」

 当時、星野監督は「山崎を頼りにしている」とコメントしていたが、裏ではこんな根回しをしていたのだ。

 楽天担当記者が続ける。

「星野監督はさらに『武司、ちょっと休め』と言いながら、裏では『もうアイツは使えない』と、スタメンでの起用を避けてきた。山崎はコーチを介してその事実を知ることもあり、『あのウソつき野郎!』と激怒したそうです。球団は幹部候補生としてチームに残ってほしかったのですが、星野監督は球団に『頼むから(山崎を)切ってくれ』とまで言って、受け入れなかった。それが山崎の耳に入り、またもや『ふざけるな!』と憤慨したそうです」

 引退を拒否した山崎は、古巣・中日へと出戻った。そこで有力な監督候補となっているのだから、何とも皮肉な話である。

 星野監督は山崎が移籍する際に中日幹部に電話し、「あんなとんでもないヤツを獲ると大変なことになるぞ」と「妨害工作」まで行ったとされる。

 楽天の優勝で、星野監督の時代はまだ続きそうな気配。山崎が中日監督となって「遺恨対決」が実現すれば、見ものだろう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
3
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性